ダイエット中食べ過ぎたときに実践しているリセット方法3選!過食カロリーをうまくコントロールしてリバウンドレス

IMG_2645

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

現在ダイエット中。
何度挫折したか分かりませんが、今回ほど健康的で意識が高いダイエットは初めてかも。

今まで避けに避けていた運動を取り入れてのダイエットは、かつてない手応えを感じています♡
ダイエットは運動と食事のバランスが大切ですが、もとより食べることが大好きなぱおちゃんは完璧に食事制限をすることが困難。
わりと多めにチートデイを入れて、ストレスを溜めないようにしています。

そこで、食べ過ぎた日に罪悪感を感じなくて済むように過食したカロリーをリセットする方法をご紹介します◎

運動しているからといって食べ過ぎると逆に太る

そもそも、「運動しているから」といって「食べ過ぎる」と太ります。
ダイエットの法則は、「消費カロリー>摂取カロリー」。
これは永遠の法則です。

究極キツイ運動をしなくても、消費カロリーが摂取カロリーを勝っていれば自然と痩せますよ。
1kg減量するのに約7,000カロリーをカットする必要があるといいます。
成人女性の平均摂取カロリーは約1,500カロリーほどといわれているので、約7,000カロリー消費するのがいかに難しいかがわかりますね。

単純計算で、7日間絶食すれば確実に1kg痩せるわけですが、食べなさすぎることに対するデメリットが多いです。
体調不良、集中力の低下、貧血。
よもやダイエットどころではありません。

なので、「食べ過ぎたな」って感じたら動くのが1番です◎

ダイエット中の食べ過ぎたカロリーをリセットする方法(1)
18時までに食事を終わらせる

ダイエット中の夜ごはん。
可能であれば18時に終わらせるのがマストです。
24時に寝るとして、食べたものを消化する時間を6時間と十分に取れることができます。

お腹がいっぱいの状態で眠ると太るだけではなく、胃や腸にかなりの負担をかけつづけます。
身体のエネルギーが消化に働くので睡眠も浅くなるのでお腹がいっぱいの状態で寝るのは避けましょう◎

ダイエット中の食べ過ぎたカロリーをリセットする方法(2)
食後に軽めの運動をする

晩ご飯を食べ過ぎた日の夜は1時間程度披露を感じるトレーニングをするのがオススメ。
血糖値の上がりをゆるやかにするので太りにくくなるといいます。

2駅ほどあるいたり、エアロバイクに1時間載ったり、軽めの運動でOkです。
ただし、食べた直後の運動は気分が悪くなるので2時間はおきましょう。

ダイエット中の食べ過ぎたカロリーをリセットする方法(3)
翌朝の朝食を控える

食べ過ぎた次の朝はカロリーコントロールとして朝食を抜くのがオススメ。
朝ご飯は毎日抜いてはだめですが、1日なら胃袋の休息になるので健康のためにもいいといわれています。
夜満腹で食べた翌日は食欲がないことが多いですし、朝食を無理に取らなくてもいいですよ。

ぱおちゃんが朝ごはんを控えるときは、味噌汁や野菜スムージー、ヨーグルトを飲んだりしています。

「食べない」選択肢よりも「食べてカロリー調整する」選択を

ダイエットは一時的なイベントではありません。
1回始めたら一生続くライフスタイル。
食べ物を一生食べないってありえないので、減量中でも「食べる、でも摂取カロリーを調整する」という考えにシフトするとダイエットのストレスがなくなりますよ。

食べないで我慢するダイエットを実践したことがありますが、結局続かないので反動で食べ過ぎるので必ずリバウンドに繋がります。
ちゃんと食べて、ちゃんと動く。
これがダイエットの1番の近道です!

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です