男も女も愛されている人って皆二重だっていう共通点

large-16

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

誰かに好かれたくないですか?
旦那さんからちょっとぞんざいに扱われてちょっと悲しいぱおちゃんですが、なんなら旦那さん以外の人からも好かれたいです。
「好かれたい」というとちょっと語弊があるかもしれませんが、人間的に好かれたいって話。
普通に考えると他人から嫌われるよりも好印象にみられたいですよね。

人から愛される要素にはいろんな項目があります。
仕事ができる、性格がいい、気がきくとかとか。
ぱおちゃんが気付いてしまったのは男女問わず人気者って顔や外見がいいってこと。
なんなら皆、目が二重なんですよ。

一重まぶたよりも二重まぶたのほうが他人から好印象だというデータがある

とある調査では、二重のほうが他人から受ける印象がいいそう。
極論、仕事ができるか・できないか問わず、ルックスのいい人だけを集めた会社は、前年よりも業績があがったっていう実績もあります。

顔がいいからといって仕事ができるとは限りませんが、顔がいいことを仕事の武器にできることは事実。
愛され上手な人は自分の外見をうまく使っている人も多いです。

外見を磨かない人はルックスを褒められたことがないからだ

外見をよくしようと思わない人は、自分のルックスに興味がないわけではないとぱおちゃんは思うんです。
きっと褒められたことがないので外見を磨こうとか思ったことがないだけ。

逆にルックスに磨きをかける人、例えば美容整形がやめられない人は、他人からの褒め言葉が快感になってもっともっと長所を伸ばそうという思考になります。

外見が褒められる・褒められないのきっかけが「二重」だと思います。
だって、生まれつき二重なだけでくりくりとしたかわいい目になるんですもの。
それはそれはもう幼稚園児や小学生の小さいときに「かわいい」って言われて育ちますよ。

二重だと愛されやすい理由(1)
外見に自信がある人は自分に自信がある人が多い

恋愛をするにも仕事にするにも、自信があるとき、ないときがありませんか?
外見を磨いている人は自分に自信がつきやすいです。
自信がある人の言動は120%のパフォーマンスを生むときがありますよね。

二重だと愛されやすい理由(2)
素材がいいと端正な顔で好印象

人間は整っているものに対してはいい印象を受けるそうです。
初対面の人でも先入観なしに、むしろ好印象から入るので話もスムーズ。

二重だと愛されやすい理由(3)
やっぱりかわいい人やカッコイイ人が好き

どうせ一緒に働くなら、結婚するなら、かわいい人やカッコイイ人と過ごすほうが楽しいと思いませんか?
かなり不純な動機ですがぱおちゃんも思い当たる節があるのでこれは十分理由になりえます。

二重だから愛されるわけではなく、愛される理由のきっかけになる

すっごく考えたのですが、二重だから他人に愛されているっていいたいのではありません。
二重がきっかけで自分の行動や意識が変わるとぱおちゃんは言いたいのです。

「私は生まれつきかわいくないから…」といっているあなた。
石原さとみちゃんをみてください。
10年前は全然かわいくないって失礼ながら思っていましたが、いまは20代女性が憧れる顔に!
整形疑惑もささやかれていますが、整形だけではあんなにかわいくなれないですよ。
あと、石原さとみちゃんは愛嬌がすごいっていいますが、かわいい外見を手にしているからこそ。

かわいい見た目+愛嬌があるって最強なので、やっぱり最終的には見た目と中身を磨いていく必要がありますね。

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です