ジェルネイルで薄くなったボロボロの爪を復活させた方法

ボロボロの爪のケア

SPONSORED LINK

ジェルネイルは好きだけと爪がボロボロになる!
健康な爪に復活させた方法はある

ひねくれたことがきっかけで、美容&健康業界とダイエットに異様に詳しくなったぱおちゃんです。

ジェルネイルで爪がボロボロになって以来、ジェルネイルを卒業しました。
自爪のシンプルさに慣れませんでしたが時間が経過すると見慣れるものですね。

ジェルネイルはテンションがあがりますし、見ていて華やかな気持ちになるので大好きなのですが、爪への負担が強すぎます。

少しぶつかっただけでも、痛みの衝動は凄いですからよほど爪が薄くなっていたことが分かります。
ですが、ボロボロな爪も健康的なしっかりとした爪に復活することができるんです!
今回はその方法をご紹介します。

ボロボロの爪を復活させた方法(1)
基本的には爪には何もつけない

ジェルをオンするのもやめましたが、だからといってネイル用の美容液を塗ることもしませんでした。
「美容液を塗らないと健康的な爪にならないのかな?」って思って試しましたが、そんなこともありません。

ボロボロのネイルを健康にする最善の方法は、ジェルをやめることでした。

ジェルをやめてマニキュアのネイルカラーを楽しんでいましたが、爪の厚さはボロボロだったときの2倍以上あると思います。

ボロボロの爪を復活させた方法(2)
水仕事も爪に取ってよくないが普通にしていました

ぱおちゃんは家事をしなくてはいけなかったので、食器洗い、お風呂掃除、洗濯物などの家事はすべて行っていました。
お風呂掃除で手袋をはめることはありましたが、洗濯物や洗いモノは基本的に素手。

水仕事で手が荒れてしまう方もいるかもしれませんが、ぱおちゃんの場合は大丈夫でした。
ですのであまり神経質に水仕事を控える必要はないでしょう。

ボロボロの爪を復活させた方法(3)
ネイルケアはボディオイルのあまりのテクスチャーでOK

爪専用のケア用品は使用していませんでしたが、ボディオイル用のテクスチャーは爪に塗っていました。
お風呂上がりに脚のむくみ防止のためにマッサージしていて、自然と手のひらにつくものをネイルに塗っていたんです。

これを1年続けていましたがこれだけでも爪のケアとしては十分なんだなって思いました。
化粧品には、フェイス用・ボディ用・ネイル用など細かく分けられていますが、最終的に塗るのは人間の細胞です。
肌の組織は基本的にはあまり変わらないため、身体用ケアアイテムを爪に塗ると当然効果があります。

ジェルネイルをやめて約1年で復活

半年で爪が健康になったと実感ができますが、1年経過すると完璧に爪の状態がよくなったのが分かります。
ちょっとのことで爪が薄くなったり、割れることもなくなりました。

ボロボロの爪を健康的な状態にしたい場合は、ジェルネイルをやめるのが最良の策!
ネイル用のケアアイテムでなくても爪の栄養になるものをなにか与えた方がすくすくと早く爪がキレイになりそうです。

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です