27歳という若さで頸椎症になって1ヵ月経って思うこと

首が痛い

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

頸椎症で首を痛めて1ヵ月。
この痛みと一生付き合っていくしかありません。

美容と健康とダイエットに異様に詳しいぱおちゃんです。

いつの間にか頸椎症になって1ヵ月が経過していました。
痛みやしびれ、倦怠感に対してなにもしなかったわけではありません。

この病気とずっと付き合っていくために、少しでも首にとってプラスになることをしていきたいと思いました。

痛みを取ること、首の違和感に慣れることに必死な1カ月

まずは、痛めている首の痛みになれることに必死でした。

ぱおちゃん
健康なときは分かりませんでしたが、首が痛いとと痛みがないことがとても素敵なことのように思えます(涙)

病院で貰った薬も5日分しかないので、早々に薬がなくなりました。
初診で整形外科で受けたリハビリの治療も微妙だったので(業界では有名な先生らしいのですが…)、他の方法を考えることに。
治療は一度は治らないですし、継続できる改善方法を考えた末、整骨院にいくことにしました。

ぱおちゃん
首の凝り、痛みが限界…!
これは、ダイエットどころではない

身体は足先から頭まで繋がっているので、どこかひとつの部位が悪かったり、身体の流れが悪かったりしたら痩せにくくなります。
首や肩の凝りが酷いと、肩甲骨周りの筋肉が硬直。
つまりは、顔がむくみやすく、二の腕が痩せにくい状態になります。

痩せない辛さよりも、痛みや腕のしびれに対する違和感を早急に改善したいと思いました。
整骨院のいいところは、肩や首、身体全体をほぐしてくれつつ、歪みを正常な状態に戻してくれるというところ。

実際に整骨院にいって、腰がかなり歪んでいることを発見しました。
左よりも右の骨盤が前にでていたのです。
首の痛みとも多少関係があると、整骨院の先生はおっしゃっていました。

ぱおちゃん
やっぱり、どこか一部痛みがあると、身体のほかの部分が歪んじゃうのね…!

身体って、素直で正直で難しいです!

週1回の整骨院で首の痛みは取れた

平日は仕事で整骨院にいけないこと、日曜日は整骨院の定休日。
なので、毎週土曜日しか整骨院には行けませんでした。

たった週1回の整骨院ですが、効果は絶大。
ときたま訪れる腕のしびれはありますが、首の痛みは取れました。
それでも、首や肩周辺の筋肉の張りは凄いらしく、筋肉の緊張をほぐすのにまだまだ時間がかかりそうです。

ぱおちゃん
普段の生活を改善しないと、良くならないよね…!

頸椎症は一度なってしまうと完治することは難しいです。
だからこれからずっと長くつき添っていく病気。
痛みは生じるものの、ずっと痛みが出ているわけでもなく、波があるみたいなので、痛みの波をなるべく出さないように生活習慣を改める必要がありました。

例えば、頸椎症に類似した症状として、友人が腰のヘルニアを持っていました。
気温が温かいときは痛みが増し、寒い冬は痛みがやわらぐそうなのです。

ぱおちゃん
首が痛いだけで気持ちが暗くなるから、嫌みをやわらげないと!

首が痛くない日は活力が湧く♡

整骨院と日頃の姿勢を気をつけるだけで首の痛みが収まりました!
肩甲骨周りの筋肉も鍛えようと思い、ジムにも通っていいます♡

身体が健康だと、いろんなやる気が湧いてくるものですね。
今回改めて実感しました。

「日頃の姿勢」について、ぱおちゃんはかなり気をつけていたつもりでいました。
ですが、気をつけていた姿勢が間違っていたために逆に首を痛めてしまっていたんです。

首を真っすぐにするよう、頭を意識的に後ろに持っていったつもりでいましたが、顎が引けていなかったことで頸椎に負担がかかっていたようです。

次回は、普段悪かった姿勢についてご紹介したいと思います。

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です