ビールを控えて糖質制限ダイエット!実体験の効果をレビュー

large

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

ビールをやめる=糖質制限になるのか?
そもそもダイエットに効果があるのか検証

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです。

気温が徐々に暑くなり、ビールが美味しい季節。夏。
ビールの売り上げが伸びていると吉報を耳にするの中で、ぱおちゃんは今年の春からビールをやめました。

ぱおちゃん
ビールをやめて、糖質制限ダイエットをしようという考えのもとです!

なぜいまさら「糖質」にこだわるのか?っていうと、最近、糖質を摂取し過ぎだと自覚し始めたからです。

糖質を取りすぎると、「糖化」する

糖分は主に、米や小麦などの炭水化物や、上白糖など糖類からできています。

ビールも糖質が低い方ではありません。
350mLのビールに約20gの炭水化物が含まれています。
炭水化物とは、糖質と食物繊維のふたつを組み合わせたものですが、ビールの食物繊維量はほとんど0gなので、ビールの炭水化物=糖質と考えていいでしょう。

ぱおちゃん
最近は糖質オフビールが流行していますが、糖質が低くなっただけで、炭水化物がまったく入っていないわけではありません

身体を動かすために必要な炭水化物(糖類)ですが、摂取しすぎると、余分な糖類が体内のタンパク質や脂質と結びつきます。
これを「糖化」といい、肌が黄ばんだり、弾力のないスポンジのような肌触りを生み出しています。

糖化の摂取のしすぎは肌にもよくありませんが、ダイエットの大敵でもあります。
余計な脂肪として身体についてしまうので、お腹が空いた時は糖質よりもタンパク質を摂取したいものです。

いままでは週に2~3回のペースでビールを飲んでいました

会社での付き合いでご飯にいくと決まってビールを飲みます。
この悪しき習慣を、ダイエットのために勇気をもって辞めることにしました。

すっごくビールが好きだったわけではないので、ビールをやめることにあまり抵抗がなかったのが幸いです。
週に2~3回のペースの飲酒を0回に!

2017年4月から今日までの2か月間、ビールをやめて身体に変化はあったのでしょうか?

ビールを飲まない分、食べてしまうのでダイエット成功にはならなかった

ビールは、炭酸飲料です。
飲むだけでお腹が膨れてくれるのですが、ビールを飲まなくなった分、食欲が増えました(笑)

ビールを飲んでいたときは、おつまみとして塩分の濃い漬物や煮つけとか食べていましたが、ヘルシーだったと思います。

糖質を控えても代替する食べ物の食事内容をしっかりと考えないと、ビールを飲んでいたころよりも太ってしまいますね。

ビールを控えて糖質制限ダイエットを成功させるコツ

ビールを控えて糖質制限しても、通常のがっつり夕食メニューにするのでは痩せません。
糖質をカットした分、タンパク質の多いものを食べるのがダイエットを成功させるコツ。

ご飯などの主食をやや少なめにし、野菜や肉類をたっぷりと食べる食事を意識しましょう!

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です