正しい歩き方で太もも・ふくらはぎ痩せ!脚が痩せるウォーキング

large

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

脚が太いのは間違った歩き方に原因があった!
太ももとふくらはぎが痩せ正しいウォーキング方法

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです。
今年に入って、太ももとふくらはぎが細くなりました。

ぱおちゃん
ラ・パルレとピラティスのおかげも絶対にあるけど…

日頃のウォーキングで正しい歩き方を身につけられたのが大きいです。
今回は、ぱおちゃんの実体験をもとに、太ももとふくらはぎと脚全体が痩せる歩き方をご紹介します。

太ももやふくらはぎのむくみのもと!脚が太くなる歩き方って?

きちんとして歩き方を学ぶ機会がない日本人は、間違った歩き方をしている人が多いです。

ぱおちゃん
そもそも歩き方が間違っているって、気づかないんだよね。
ぱおちゃんもそうでした

間違った歩き方の例とは、具体的に下記のとおり。

脚を太くする間違った歩き方の例

  • 脚の力だけであるく
  • 猫背
  • 骨盤を前後に振って歩く
  • 剃り腰になりすぎている
  • 腹筋に力入っていない

これらの歩き方に心当たりがある方は、太ももやふくらはぎなど脚を太くしている可能性があります。

「脚の力で歩かなかったら、どうやって歩けばいいの?」。
疑問に感じる人もいると思いますが、前に脚を一歩踏み出すときは、後脚の使い方がとても重要になってきます。

脚が細くなる正しいウォーキング方法

正しい歩き方をする前に、正しい姿勢へと整えます。
肩甲骨を寄せて背筋を伸ばし、ぴーんとした背中をキープ。

頭に糸がつるされているように、頭もピーンと引きのばして上半身の重力を地面に向けないようにします。
100%ある重力を、上向きに拡散するイメージです。

そこで、片方の脚を半歩前にたらします。
脚には力を入れず、骨盤から脚を垂らすのがポイント。

爪先から地面にやさしく着地し、後ろ足の重力を前脚にチェンジして1歩、歩きます。
後ろ足を踏み出す力を利用して前に歩くのが重要なコツ。

後ろ足が曲がらないようにしてきちんと歩くと、脚に力が入らなくともスイスイ前に歩くことができるんです。

後ろ足の使い方が上手になると、自然と太ももとふくらはぎが細くなる

歩く時に余計な力が入ってしまうのが、太ももやふくらはぎが太くなる原因。
前脚をふわふわの状態にして、後ろ足で踏み込むようにして歩けば最小限の力で歩くことができます。

この歩き方をマスターすれば、脚がとても疲れにくくもなるんです!

歩く時は、歩きスマホをせず、視線は絶対に前をキープしましょう~!
下を向いてあるくと、姿勢が悪くなりますよ。

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です