靴も美しく!パンプス・ピンヒール・革靴に使える靴のお手入れ方法

靴のお手入れ

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

夏に向けて本格的にダイエット!

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

ぱおちゃん
春になって、ダイアナの新作もかわいいなあ♡

社会人になって、靴が大好きになるぱおちゃん。
学生のことは歩き方も悪かったのでよく靴を履きつぶしていました(涙)

大人になってから正しい歩き方を手に入れ、痩せとキレイな仕草をちょっとは手に入れることができました。

そこで、今回はお気に入りの靴を長持ちさせるシューズのお手入れ方法をご紹介します♡

ぱおちゃん
革靴、パンプス、ぺたんこシューズ。
なんでも応用できるから男性も女性も必見です!

日常のシューズケアが大事な理由

本来、足の裏はとても汗っかき。
靴の中はいつも湿気を含んでいるので、細菌やカビがとても繁殖しやすい環境なのです。
足先が冷えやすいのも、汗をかくことが原因。

だからこそ日中履いた靴は通気性をよくすることが大切!
とくにビニール素材の通気性が悪いシューズは注意したいところ。

本革の靴は意外にも通気性が高いので、毎日きちんとお手入れをすれば上手に湿気を逃すことができます。
放湿性、吸湿性、保温性はビニール製の靴に比べると、足の健康にはいいのです!

足を健康的に保つためにも、靴の中に細菌やカビを繁殖させないためにも、普段のシューズケアはとても大事ということを念頭にいれてくださいね。

ぱおちゃん
冷えは、ダイエットと美容の大敵です!

靴のお手入れ方法(1)
履く前のケア

靴を履く前から「靴のお手入れ」はスタートしています。

まずは、薄く丁寧にシューズクリームを塗布して、汚れをつけにくいシューズに整えましょう。
そうすると、薄い保護膜が靴をやさしく守るので、履いた後のケアも楽になります。

新品のパンプスやヒールなどのシューズも、おろす前にクリームを塗るのがオススメです。

靴のお手入れ方法(2)
履いた後

靴は、1日履いたら3日は休ませましょう。
丈夫な靴でも1日歩いたらかなり疲労します。
毎日履くと靴にダメージを与えるので、休ませて湿気を十分に乾かしてから履いてください。
そうすることで、靴の型崩れを防ぐことができますし、長持ちします♡

そして、本革の靴は、雨の日の使用は絶対にNG。
上質な革は湿気にとても敏感です。
雨に濡れてしまったら乾いた布で湿気をオフして、通気性のいい場所で陰干しを!
十分に乾いた後にシューズクリームを薄く塗ってください。

靴のお手入れ方法(3)
履き心地が悪くなったら

丁寧に靴を扱って歩いたとしても、履いて歩いたら少なからず靴に負荷が加わります。
シミや色落ちの原因になるので、こまめな汚れ落としを忘れずに!

とくに、かかと部分は消耗しやすいので、「カツンカツン」と変な音が聞こえたらヒールのゴムを絶対に早めに取り替えてください。

美しい歩き方と姿勢は美しい靴から

美しい歩き方と姿勢を支えるのは足。
足の唯一の相棒はシューズです。

靴は消耗品ですが、お気に入りのパンプスやヒールはずっとずっと長く使いたいもの。
そのためには、日頃のシューズケアを徹底してください♡

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です