押切もえ卒業号のAneCan最終号発売。休刊は噓だと言って欲しい

AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

SPONSORED LINK

AneCan最終号、
購入しました

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

2016年8月10日にAneCanの休刊が発表され、ついに最後のAnecanが発売されました。

雑誌が、休刊になるのはいつも寂しいですね。

近年だと、集英社PINKY、日之出出版SEDA、角川春樹事務所BLENDA・・・。
どれもすごく読んでいた雑誌でした。

AneCan Finalを読みましたが、Anecanエネルギーが誌面から溢れていました。




 

押切もえさんがいたからこそのAneCan

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

押切もえちゃんをミューズに創刊されたAneCan。
ミューズの卒業=やっぱり休刊でした。

メイン企画のキャッチコピーがすごい。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

もえの前に道はない。
もえの後に道はできる。

様々な流行をつくりあげ、テレビ番組でもマルチに活躍していた押切もえさんにぴったりの言葉。
名コピーだと思います。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

 

10年の歴史が詰まっている♡OLのバイブル

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

10年前に創刊されたときは、センセーショナルでした!
飛ぶに売れたCanCamの姉雑誌。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

創刊当時は、年齢と流行の関係か、目の周りがアイライナーで黒囲み!

ナチュラルメイクが主流の今では考えられないくらい濃いメイク。
でも、当時はそれが当たり前だったんですよね(遠い目)。

 

AneCanのOLファッションコーデは、はずさない

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

女子♡な通勤スタイルは、社外にもに評判ですし、テンションが高まりますよね。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

アプワイザーリッシェ、ジャスグリッティー、レッセパッセ、デブードフィオレの服を買えば間違いありませんでした。
甘いだけのファッションスタイルだけでなく、レザージャケットを取り入れた甘×辛スタイルもAnecan発♡

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

 

AneCanモデルは美人揃い

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

専属モデルたちは全員美人。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

最終号には、押切もえさんはじめ、有村実樹さん、葛岡碧さん、森絵里香さん、近藤しづかさん、安座間美優さん、磯山さやかさん、大石参月さん、石川理咲子さんがが在籍。

ぱおちゃんは、とくに有村実樹さんが好きでした。
AneCan卒業したら、どこにいくのだろう・・・。
InRed?VERY?

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

裏表紙も全員集合♡

 

一番最後のブックインブックも豪華

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

ブックインブックは、プロポとのタイアップ企画!
つまりこれは広告です。

12ページ大ボリュームで、アネキャンモデル8人も使っている〜。
最後だからか、とても贅沢ですね。
これは永久保存したくなる♡

 

ビューティーにも力が入っていた

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

AneCanはファッションだけでなくビューティーも強い♡

編集長の佐藤明美さんは長年美容企画を担当。

思い切って少し効果なスキンケアを取り入れてみるべき年齢がアラサーです

と、断言。

ハイブランドコスメをいつ使えばいいか分からないあなた。
30歳前後が投入どきですよ!

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

例えば、POLA(ポーラ)。
ベストコスメで何度も受賞している逸品です。





 

夢をありがとうAneCan♡

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

AneCanの休刊が決まった時、一つの時代が終わったと予感しました。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ

20代だった押切もえちゃんも、エビちゃんもすっかり30歳後半。
AneCanのかわいいテイストもだんだんと厳しくなってきました。

押切もえちゃんがいたからこそ始まったAneCanでしたが、他のモデルがミューズを引き継ぐことはできなかったのでしょうか。

ミューズの問題だけではないですね。
発行部数も10万部と多くもなく少なくもなく、それに対してスポンサーがあまりついていないのが原因でしょう。

でも、やっぱり、なくなるのは寂しい〜。
雑誌でいつも思うのは、誌面で「この洋服買いたい!」「欲しい!」って思わせることって、やっぱりすごいですよね。

しばらくは、AneCanの余韻に浸り、アプやレッセの女の子っぽいお洋服が欲しくなりそうです。

ひねくれ美容_AneCan, えびちゃん, 休刊, 姉キャン, 押切もえ




 

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です