OLさん必見!正しい姿勢で絶対美人。立ち方&座り方変えて痩せ体質

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

ねえ、鏡をみて。
正しい姿勢、できている?

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

姿勢を意識したことはありますか?♡
ぱおちゃんは、太ったり、愛用していた靴が壊れたり、腰が痛くなるまで姿勢を意識したことがありませんでした。
小さい頃から、母に注意されていたのに、です(涙)。

ぱおちゃん
姿勢をちゃんとしても、別に何も変わらないし、むしろしんどい

姿勢を正すことにポジティブなイメージがあまりなかったのです。
壁にもたれかかることなく、24時間腹筋に力を入れたり・・・。
正直しんどかったので中学生のぱおちゃんは、続けることができませんでした。

ですが、痩せる身体をキープするためにも、動作や仕草をキレイに見せるためにも、正しい姿勢は重要であることを、成人してから気づきました。
正しい姿勢を20年間してこなかったので、継続するのにはじめは正直辛かったですが、正しい姿勢は、本来は身体にとって一番負担が少なく楽な姿勢。

もしも、あなたが正しい姿勢を辛いと感じるなら、本当に正しい姿勢を身体がまだ知らないから。
「正しい姿勢=背筋を伸ばす」と思われがちですが、それも少し誤った解釈です。
背骨は、もともとS字型なので、背筋を不自然に伸ばすと、背骨に負担がかかります。

正しい姿勢とは、見た目の印象もよく、ナチュラルに継続できる姿勢。
一度、正しい姿勢をマスターすると、身体が疲れにくくなり、胃の位置も正しいところに整うので消化がアップ(ダイエットにも効果的!)♡

女性らしさを演出する正しい姿勢を、今回はご紹介します!

 

身体を歪ませる悪い姿勢の原因って?

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

パソコンなどのデスクワーク、内股歩き、カバンをいつも同じ肩にかけているなど、身体を歪ませる行動を取っていませんか?
無意識のうちに、猫背や身体の歪みを誘発している可能性があります。

ぱおちゃん
小学生のころ、内股歩きがかわいいと思っていた・・・
でも、それはO脚なるから絶対オススメしない!

まずは、身体を歪ませる行動を取っていないかチェック♡

  • 足を組む癖がある
  • 同じ肩で電話をする癖がある
  • 首を傾けてデスクワークする
  • ひじをついて作業する
  • 頬杖をつく
  • 内股歩き
  • 鞄は同じ肩にかける
  • 決まった足に重心を置いている
  • 顎が上がっている
  • 背が丸まっている

これらの行動は、誰でも普段何気なく行っている行動。
本当に些細な仕草でも、毎日行えば蓄積されて、数年後にも大きな歪みに!

姿勢が悪くなってしまう原因

  1. 毎日身体が歪む癖をしている
  2. 本来の正しい姿勢をまだ知らない

 icon-asterisk 毎日身体が歪む癖をしている
鞄を利き手で持つ、右足を上にして足を組むなどの癖が続くと、片側だけの筋肉のみ負担がかかります。
そうすると、身体がバランスを取ろうとして、片側だけの筋肉が発達。
筋肉がアンバランスな状態だと、骨の歪みに繋がります。

骨が歪むと、まっすぐ立っているつもりでも、傾いているのに気付きません。

 icon-asterisk 本来の正しい姿勢をまだ知らない
日本は、正しい姿勢の概念があまり浸透していないため、正しい立ち方や歩き方が分からない人が多いです。
学校や職場でも、誰も教えてくれません。
ほとんどの人は、なんとなく背筋を伸ばして座ることで、正しい姿勢を取れていると満足しています。

単に背筋をピンと伸ばした姿勢も、正しい姿勢ではありません。
背中が反りすぎていて、背骨に負担がかかっているため、この姿勢を長時間続けることは難しいのです。

ぱおちゃん
座るや歩くは、24時間365日男女関係なく行う動作!
正しい姿勢は、見た目の印象をすごく良くしますし、健康的な身体にもなるので、本当に一石二鳥以上♡

 

身体の歪みを直すには、まず自分を知る

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

正しい姿勢を学ぶ前に、まずは、自分の立ち方が正しいかチェック!♡
身体の歪みの原因がどこにあるのか、向き合うことが大切です。

肩、腰、背中・・・どこが歪んでいるのか、を使うとセルフチェックできますよ。

これが正しい姿勢♡実際に立って歪みをセルフチェック

身体全体をチェックするために、頭から足まで映し出せる鏡を用意します。

  1. 壁に背中をつけて立ちましょう♡
    かかと、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨、後頭部が壁につくようにします。
    両手は、太ももの側面に置きます。
  2. 耳、肩、中指、くるぶしが、縦一直線になっているかを書くにします。
    一直線になっていないければ、身体が歪んでいる証拠。
    まっすぐになるように整えます。
  3. 背中のウエスト辺りに、手の平を入れてください。
    手の平1.5枚分が入る隙間がちょうどいいスペース。
    隙間が空きすぎの場合は、腹筋が足りていません。
    お腹と背中をぴったりとくっつけるイメージで、腹筋に力を入れましょう。

真正面からのチェックも大事ですが、横からみることも大切です♡
座る姿勢も、この立ち姿勢の考え方がベースになるので、意識してキープするようにしてください。

身体の歪みを整えるためには、毎日行うことが大切。
毎日朝起きた後と、寝る前に壁立ちをして、正しい姿勢を身体で覚えます。
はじめは、慣れない姿勢で違和感だったり、筋肉痛を生じることもありますが、1日3分行うだけで、1週間〜3ヶ月後には、壁がなくてもナチュラルに正しい姿勢をつくれるように!

ぱおちゃん
プロのモデルさんも実践している方法なので、ぜひ試してみてくださいね

毎日の癖から歪みをセルフチェック

姿勢の歪みには大きく分けて3種類あります。

3つの主な歪み

  1. 背骨が歪んでいる
  2. 骨盤が歪んでいる
  3. 足が歪んでいる

 icon-asterisk 背骨が歪んでいる
背中が丸まっている、スマホをみて下を向いて歩いている、肩こりが酷い、運動は歩くのみ、頬杖をよくつくなど、デスクワークや前かがみの姿勢になりやすい人は、背骨が歪みがち。
猫背になりやすく、背骨のS字カーブを意識して背筋を正しく伸ばすようにしてください。
この姿勢が辛いときは、腹筋と背筋が衰えている可能性も。

 icon-asterisk 骨盤が歪んでいる
片足に重心をかける癖がある、鞄はいつも利き手で持っている、足をよく組む、足の開きが左右で違うなどの特徴があるときは、骨盤が歪んでいるとき。
骨盤が歪む=内蔵も歪む、ですので便秘や下痢に悩んでいる人は、腸内環境が悪いだけでなく、骨盤が歪んでいることが原因かもしれません。
生理不順、身体が疲れやすくなるなどの不調なども骨盤に深く関係します。

骨盤が歪んでいるときは、大腰筋が弱っていることが関係していることもあります。
大腰筋は、正しい姿勢をとることだけで鍛えることができるので、いい姿勢を意識しましょう♡

大腰筋(だいようきん)とは、重要なインナーマッスル。
上半身と下半身をつなぐ、ただひとつの筋肉。
内蔵よりも深い場所にあります。

 icon-asterisk 足が歪んでいる
内股やガニ股、足の長さが違う、片方だけ靴の磨り減りが早いなど、これらの心当たりがある場合は足が歪んでいることが多いです。
下半身が歪むと、ひざが痛んだり、外反母趾、酷いむくみなど足のトラブルも増加。
身体のラインも崩れやすくなるので、土台となる下半身の姿勢を正しくします。

足の歪みは、歩き方を正しくするだけでほとんど改善することが可能♡

 

正しい姿勢で座る方法をマスター

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

正しい座り方を保つためには、椅子やデスク周りの環境を整えることも大切。

きちんと正しく座っても、座高の高さが合わなかったり、姿勢が悪くなりやすい環境のままだと、正しい姿勢を身体で覚えることは難しいのです。

ぱおちゃん
正しい姿勢をキープすることで、自然と筋肉がつくので、はじめは辛くても継続して!

「座る」動作は「立つ」よりも負担がかかる

立っていると足が疲れるため、座っている方が楽だと思う方も多いと思います。
ですが、椎間板にかかる負担は、座っているほうが大きいです。

椎間板(ついかんばん)とは、軟骨のような柔らかい組織が、交互に積み重なっていて形成。
椎骨にかかる衝撃を受け止めます。

椎間板にかかる負担

●仰向けに寝る 25
●横向きに寝る 75
●直立 100
●立って前かがみ 150
●座る 140
●座って前かがみ 185

引用:ナッケムソン「姿勢の変化による椎間板内圧の変化」

座っているだけでも椎間板の負担は大きいですが、前かがみの姿勢になると、さらに負担が増加。
骨盤を立て、首をまっすぐにキープするだけで、前かがみの姿勢を回避することができます。

ぱおちゃん
骨盤を立てるとは、背筋をまっすぐに伸ばすことではありませんよっ

 icon-heart 骨盤を立てる座り方って?

へそから指5本下あたりの部分を意識した座り方をします。
これは、身体の中心部分を意識した座り方。
腰を丸めるのでもなく、剃るのでもなく、中心で座るという考え方です。

  1. 椅子を用意して、両足を大きく広げて地面につけます。
    背もたれに頼らず、少し浅めに座ってください。
  2. 背筋を立てて、反り腰を意識して座りましょう。
    背筋を立てるイメージで座ると、身体の重心が後ろに来るのを感じられます。
  3. 今は腰をあえて反らし過ぎているので、反らしを徐々に戻していきましょう。
    背中の筋肉に張った感じがなくなり、自然と下腹部あたりに力が入る場所があるはず。
    そこが見つかったら、姿勢をそこで止めてください。
    これが正しい座り方です!♡

ぱおちゃん
反り腰と猫背を何度も何度も繰り返すと、なんとなくしっくりするポイントが見つかりますよー!

座るときは、腹筋に適度に力を入れる、内腿を意識して膝をつける、骨盤を立てるイメージ、背骨はゆるやかなS字をキープを心がけて!

腰の筋肉の負担が少ないだけでなく、適度に筋肉も緊張させるので、エクササイズ効果も期待できます♡

正しい姿勢のために椅子にはこだわる

正しい座り方を行うには、自分の身体にあった椅子選びも大切です。

椅子は、なんでもいいと妥協するのはいけません。
お仕事のほとんどが、デスクワークの場合には半日以上座り続けるため、寝具の次にこだわりたいアイテム。

値段が高い椅子≠自分の身体にあった椅子。
かわいい椅子、おしゃれな椅子、第一印象のインスピレーションだけで椅子を選ぶのもったいないです。
必ず実際に座ってみて、身体に合う・合わないをチェックしましょう。

身体に合った椅子の選び方

  1. クッションが柔らかすぎるものは避ける
  2. 座面が調整できるものを選ぶ
  3. 座面がフィットする椅子を選ぶ。大き過ぎるもの、小さ過ぎるものをNG
  4. 座面が水平、または、膝に向かって少し下がる椅子を選ぶ
  5. 可能であれば、肘掛がある椅子を選ぶ。そのときは、机に肘掛けがぶつかないように
  6. ある程度好みのデザインの椅子を選ぶ

椅子は長時間座らないとフィットしているかどうかは分からないもの。
ですが、30分も椅子を試して座るのは難しいので、これらの項目に着目して椅子を選んでくださいね♡

会社のデスクワークが最大の敵!正しい座り方

近年は、スマートフォンが普及したり、パソコンでの作業が増えているので、姿勢が悪くなる人がが多いです。

ぱおちゃん
肩こりの原因は、下をずっと向いているからなんだよね

本来、人間の首の前湾角度は30〜40度。
下を向いた作業が続くと、首に負担がかかります。

正しい首のカーブがなくなり、前湾角度が30度以下になると、首がまっすぐに歪んだストレートネックに。
首の痛み、頭痛、肩こりなどの不調の原因につながります。

毎日の首や肩の違和感や不調は、パソコンやスマホの操作、デスクワークが関係していることが多いです。

座って作業をするときは、背中をべったり背もたれにつけたり、前かがみで浅く座りすぎたり、頬杖をついたり、片側だけに重心がかかるようにして座ったりしないように注意しましょう!

自宅以外で作業するとき、座る椅子や作業する机の高さが選べないので、自分の身体に合わないことが多いです。
ですが、座り方やクッションなどの小物を使うなどして、身体にフィットするような姿勢を模索します。

 icon-heart 座る椅子の奥行きが深いとき

完璧に背にもたれかかると、足が浮いてしまうような椅子を使用している場合、机との距離も離れてしまうため、どうしても前かがみで浅く座りがち。
座骨が正しく立っていない座り方は、背骨に負担を与えるので、控えたいところ。

そんなときは、背もたれの位置を調整するために、クッションを使うなどして、背中と背もたれの距離を調整しましょう♡

腰の負担も減りますし、身体も疲れにくく、作業効率も向上しますよ。

 icon-heart 背が高くて、パソコンの目線があっていないとき

椅子の高さを調整できないときや、背が高い人がデスクワークを行う場合、パソコンの画面や手元などに目線が合わせにくいこともあります。
目線を調整するために、背中を丸くしたり、顔だけ前に出ていることも。

これも身体に負担がかかるので、一刻も早く改善したいです。
とくに、椎間板にダメージを与えるので、酷くなると椎間板ヘルニアをも誘発。

重症になる前にも、パソコンの下には台などを置いて、底上げを図りましょう。
自然と目線の位置もアップするので、背中も曲げにくくなります。

OL必見♡パソコン時の正しい座り方

「肩や首の凝りを直したい。でも、パソコンの使用は欠かせない。」
そんなときは、身体に負担をかけにくいデスク環境を作りましょう♡

ぱおちゃん
パソコンは長時間おこなうものだから、デスク周りの環境を整えることは大事

 icon-heart パソコンは真正面を徹底キープ

長い時間、正しい座り方を維持するためには、パソコンの位置にもこだわって。

パソコンは、身体に対して、必ず真正面に置きます。
斜めや横にパソコンを置いて、正面を向かずに作業している人もいますが、身体が歪むので絶対にやめましょう。
正しい姿勢をキープするためにも、作業するときは何事も真正面が基本です。

資料を作成するとき、電話を取るとき、メモをとるときも、身体は正面をキープ。
キーボードを打つときは、肘の角度を95〜110度にすると楽な姿勢がとれますよ。

座るときは、骨盤を立てて、首をまっすぐにキープ。
目線の斜め下にパソコンのデスクトップがくるような位置設定をします。

ノートパソコンや、iPadなど、キーボードが遠くになりがちですが、そんなときは、外付けのキーボードを使うといいでしょう。

キーボートを自分の身体のほうへ寄せたら、デスクトップとの間に隙間が生まれます。
物を書いたり作業するときは、この間のスペースで作業すると、首や肩が必要以上に上がらないので、身体が楽。
じつは、手前で作業するほうが辛い姿勢なのです。

 

外出先でもできる姿勢矯正方法を伝授!

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

同じ姿勢で生活をしていると、身体が凝り固まります。
適度にストレッチで、身体の凝りと歪みをリセットしましょう♡

外出先で姿勢を正すストレッチ

作業している合間に、ストレッチをしてプチリラックスを図りましょう♡

座ってもできる♡姿勢矯正ストレッチ

  1. まず、立ったまま、手をお尻に置きます。
  2. 息を深く吸って、ゆっくりと吐きながら手を上に伸ばしていきます。
    腕は耳の後ろを通るように、気をつけて。
  3. 両手の親指をくっつけて、手を合わせるます。
  4. 天井に、うーんと背伸びして5秒間キープ。
  5. ゆっくりと手を降ろします。

鏡で、全身がみれる場合は、デコルテが垂直になっているかもチェック!
時間がないときも、たった1分でできるからとても簡単♡

仕事の合間や眠る前、朝起きた後にすると姿勢が矯正できますよ。
肩が痛い人は、無理にしないようにしてください。

座っている姿勢をリセット!

座っている状態で、徐々に身体が疲れてきたら、姿勢が悪くなっているサイン。
そんなときは、基本の正しい姿勢を思い出して座りましょう。

背にもたれず、少し浅く座って、骨盤を立てて座ることを意識。
そして、首はまっすぐにして、目線は前のほうをみます。
反り腰にならないように、腹筋にも力をしっかりと入れてくださいね。

 

身体が歪むNG動作

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

正しい姿勢を保つためには、日常の動作も意識が必要です。
何気ない動作や癖の積み重ねが、身体の大きな歪みを招きますので、これらの行動は控えましょう♡

ぱおちゃん
意識してやめるだけでも、美姿勢に効果的!♡

携帯を見ながら歩く

スマートフォンを見ながら歩くと、自然と目線が下に。
目線が下がると、首と背骨が矯正的に丸くなります。

歩いているときこそ、正しい姿勢を矯正するチャンスなので、スマートフォンは触らず、歩くことに集中しましょう♡

胸を張って、背筋を伸ばして堂々と歩きます。

鞄をいつも同じ手で持っている

身体の片側に重心が常にかかると、筋肉が片方ばかり発達して、身体が歪んでしまいます。
意識して、両方の手で持つか、持ち変えるようにして鞄を持ってください。

身体に合わない椅子を使う

身体に合わない低い椅子で作業をすると、背中が丸まり猫背に。
座布団やクッションを使って、楽な姿勢を保てるように調整しましょう♡

長時間座った状態のままでいる

長い間、同じ姿勢でいると、筋肉を動かさないため凝り固まってしまいます。
血流も悪くなるので、疲れやすい身体に。
1時間に1回は身体を動かして、疲れた身体をリセットして。

 

正しい姿勢は、いいことばかり♡

ひねくれ美容_正しい_姿勢_座り方_立ち方

正しい姿勢を意識すること、保つこと。
初めは、筋肉が使い慣れていなかったので、

ぱおちゃん
本当にこの姿勢で合っているのかな?

とても不安でした。
ですが、背筋を曲げないことなど姿勢を意識し始めたら、まずは肩こりの悩みから解消されました♡
痩せやすくなりました
し、太りにくくなったのでうれしいことだらけ。

正しい姿勢を保つと、

  • 気持ちが前向きになる
  • 便秘が改善される
  • 痩せやすくなる
  • 見た目の印象も上がる
  • 自分に自信がつく

と、本当にいいことばかり♡

姿勢を正すと、視線が上向きなるので、気分が自然とポジティブに。
ぱおちゃんは、落ち込んだりして気分が滅入るときほど、あえて胸をしっかりと張ります。

胸を張ると、体内に空気を取り込みやすくなるので、呼吸が深くなります。
深呼吸して、気持ちを安定させ、心をコントロール。
ストレス耐性も身につきますよ。

ぱおちゃん
仕事で辛いことがあっても、もう大丈夫っ

姿勢を変えるだけで、見ためや体内の健康、筋肉、精神面など、すべてが変わります。
正しい姿勢を保つことは、仕事や恋愛などコニュニーション関係を築くために欠かせないマストスキル。

姿勢の大事さに早く気づいたほうが、断然お得なのです♡

歩く、立つの動作は、人生の中で長くとる動作。
身体にとってベストな姿勢を保つと、健康な状態でいることができます。

ダイエットや美容は、健康な身体があって成り立つもの。
正しい姿勢を手に入れて、キレイになりやすい体質を手に入れましょう♡

 

スポンサーリンク

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です