痩せるの近道!運動ダイエット+正しい姿勢で-10kg

ひねくれ美容_運動_ダイエット

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

運動するダイエット。
それが、確実なのです。

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

「ダイエットする!」と決めたら、絶対に欠かせないのが運動
身体を動かすことをナシにして、痩せることは難しいのです。

痩せる時の公式は、いつも、「消費カロリー>摂取カロリー」
そうなのです。
身体をしっかりと動かして、カロリーを消費していれば、いくら食べても太りませんし、痩せます♡

さらには、日頃の姿勢を正しい状態にすると効果がより倍増!

今回は、ぱおちゃんがいままで実際に試してきて、本当にダイエットに効果があった運動方法をご紹介します。

そして、正しい姿勢についてもご紹介。
24時間正しい姿勢でいることは、短期的な運動方法にも相当しますので、絶対やったほうが痩せますよ♡

 

まずは、1日に必要な摂取カロリーの目安を知る

ひねくれ美容_運動_ダイエット

私たちは、仕事をするのにも、歩くのにも、体内のエネルギーを使用して、消費します。

そのため、毎日最低限のエネルギーを補う必要があるのですが、ダイエットを始める前に、1日の基礎代謝がどれくらいなのか、調べてみましょう♡

女性の場合

●12〜14歳 1,410カロリー
●15〜17歳 1,310カロリー
●18〜29歳 1,110カロリー
●30〜49歳 1,150カロリー
●50〜69歳 1,110カロリー
●70歳以上 1,020カロリー


※日本医師会ホームページ引用

これらから、基礎代謝は年齢を重ねれば重ねるほど、数値が低下
1日3食を食べるとしても、1食で軽く500カロリー以上を摂取しますから、それだけでも基礎代謝をオーバー。
痩せるどころか、摂取カロリーが上回る一途です(涙)。

基礎代謝だけでは、摂取カロリーを消化できないため、運動してカロリーを消費することが痩せるコツに♡

ぱおちゃん
なんどもいいますが、消費カロリー>摂取カロリーさえ気をつければ、痩せます!

 

無理なく続けられる痩せる運動

ひねくれ美容_運動_ダイエット

ダイエットは、毎日続けることができなければ成功しません。

ランニングや、水泳など、激しい運動はダイエット効果が絶大ですが、続けるにはハードルが少し高い運動。

ぱおちゃん
縄跳びとか、ジョギングも辛くて続けられなかった・・・

あと、ぱおちゃんは個人的には喘息を持っていたため、激しい運動がNGでした。
なので、今回は、緩やかな動きでも「痩せる」、「続けれる」運動方法をご紹介します!

それがこちらです。

  • 早歩き
  • ピラティス
  • ホットヨガ
  • スクワット

早歩き

実は、ジョギングはNG。早歩きでOK。脂肪が燃焼しやすい心拍数って?でも、ご紹介しましたが、早歩きは脂肪が一番燃焼しやすい運動方法

有酸素運動が、ダイエットに効果的だということは、ご存知かと思いますが、ジョギングなど強度が強すぎる運動は、逆に脂肪が燃焼しないのです。

早歩きは、主に足を使うので、足や太ももだけに効くイメージがありますが、そんなことはありません。
きちんとした全身運動なので、身体を効率的に動かすことができます。

だらだら歩くのではなく、早歩きでキビキビと動くと自然と、じんわり汗をかき、身体全体を使用。

無理なく、1時間で約270キロカロリーを消化することができます。

口呼吸よりも鼻呼吸のほうがオススメで、さらにダイエット効果をアップさせたいときは、マスクを着用して体内に取り込む酸素量を薄くしましょう。
高地トレーニング効果が期待できます。

ウォーキングは、お年寄りでも実践できるほど、身体に優しい全身運動。
続けやすさも◎です!
階段の上り降りも、早歩きと同じ効果を得ることができますよ。

ピラティス

ピラティスは、元はといえばダイエットではなく、リハビリを目的に考えられたエクササイズ。

ピラティスの消費カロリーは、ポーズや個人によって異なりますが、1時間で約160キロカロリーを消化
消化カロリーの数値は大きくはありませんが、すべての筋肉を鍛え、インナーマッスルを強化することで、しなやかでやわらかい身体に整えることができます。

正しい呼吸を意識して、肺にしっかりと空気を送り込むことで、血行促進、集中力アップ、肩こりの解消、身体の柔軟性の向上などの効果が期待。

ピラティスメソッドの「正しい呼吸」とは、完全に息を吐き切るということ。
汚れた空気を肺から全て出し、それから吸うことで、身体中の筋肉が刺激されて活性化します。

カロリーを消化するだけでなく、リラックス効果も得られて、心の緊張を解き放ってくれる役割も期待できますよ♡

ホットヨガ

ホットヨガも全身運動
汗が出やすい環境の中で、身体の柔軟性を高めるポーズを行います。

普段汗をかかない人も、汗をかきやすくなるので、身体の老廃物などが排出しやすい状態に
デトックスにも効果的ですが、ほかにも、冷え性改善、代謝アップ、肩こり&むくみ解消にも有効です♡

ヨガは、ゆったりとした動きが多いので、運動が苦手な人でも取り組みやすいダイエット運動

痩せる目的で通っていたはずなのに、いつの間にか足や骨盤の歪みの悩みが気にならなくなることも、うれしいポイントです!

ホットヨガは、一時間で約330キロカロリーを消費
レッスン時は、滝のように汗が流れるので飲料&タオルは必ず必須です!

LAVAは、優しく丁寧に教えてくれましたし、初心者でも通いやすい環境だったのでオススメ♡

スクワット

ぷるんっとキレイな美尻&引き締まったふとももを作りたいときにオススメの運動方法。

スクワットは30回=約12キロカロリー消費なので、消費カロリーが高いとは決していえません。

しかし、スクワットは下半身全身を動かすので、お尻や太もも、腹筋の筋肉を鍛え、基礎代謝を効率よくあげることができます。
基礎代謝がアップする=普段の消費エネルギーがアップする、ということ。
痩せやすい身体へと整います。

どこでもでも手軽にできるということを考慮すれば、間違えなく一番簡単な運動方法ですよ♡

 

いい姿勢を保って基礎代謝量アップ

ひねくれ美容_運動_ダイエット

早歩き、ピラティス、ヨガ、スクワット・・・。
いずれも、運動強度が高くないので続けられる運動ばかりです♡

消費カロリーは、強度が高い運動に比べると、やや劣るところもありますが、どれもしっかりと筋肉に働きかける運動方法ばかりなので、ダイエットには最適

ぱおちゃん
運動が苦手なぱおちゃんも、これらを2日1回すれば痩せました

しんどいときは、毎日おこなわなくてもOK.。
疲れているときに無理に実施する方がストレスになることもあるので、体調に合わせて辛いときは、運動を控えることも立派なダイエット!

ここで、さらに取り入れたいのが、正しい姿勢を保つということ。

いい姿勢は全身の筋肉を使います。
これだけで、基礎代謝が格段に増えて、内臓脂肪の燃焼にも効果的♡

 

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です