肌荒れが治らないときは、洗顔&シャワーの温度を人肌くらいに。

ひねくれ美容_洗顔_シャワー_肌荒れ

洗顔の温度は、
こだわったほうが、お得

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

毎日お風呂に入っていますよね。
毎日を洗っていますよね。
そこで、シャワーの温度を気にしたことがありますか?

ぱおちゃん
熱いすぎても、冷たすぎてもダメ

シャワーには、適温があるんです♡
適温の水で身体を洗い続けると、ニキビがなくなったり、肌トラブルが改善する効果があります!

ぱおちゃん
実家に帰ると、適温に戻しても、すぐ高温に設定される

地味な戦いが行われています(笑)。

洗顔やお風呂は、毎日行うものですから、このコツコツとした積み重ねが、肌のアンチエイジングや、つるつるの美肌に直結。

では、ボディやフェイスを洗う時の適温について、理由とともに紹介します♡

 

熱いお湯は、カサカサ肌のもと

ひねくれ美容_洗顔_シャワー_肌荒れ

皮膚にとって優しい水温は、約38度前後です。
40度を超える熱いシャワーは、肌を乾燥させる原因に。

ぱおちゃん
熱いお湯は、肌の油分まで落とし過ぎるよ

肌の油分が少なくなると、乾燥肌になり、毛穴開きやニキビなど、トラブルを招くもとに。
さらに、熱いお湯で洗顔している場合は、「洗顔し過ぎている」可能性があるので、要注意。

ぱおちゃん
人間の皮膚には、良い菌である「常在菌」が存在していて、常在菌が減少し過ぎると肌荒れがますます加速するよ!

菌と聞くとマイナスのイメージを持つかもしれませんが、キレイな肌を保つためには、一定数以上の常在菌が、必要。ほこりやカビ、花粉などの外的刺激から肌を守るからです。

 

冷たい水は、汚れが落ちない

ひねくれ美容_洗顔_シャワー_肌荒れ

だからといって、冷たいお水で洗顔するのもNG。
メイク汚れや、日中に付着した汚れが充分に落としきることができないからです。

ぱおちゃん
冷たい水で洗顔を続けると、肌の表面に汚れが蓄積されるよ

汚れが取れ辛いからといって、強く擦って洗顔するのもダメ。
肌が傷ついてしまうので、やさしく洗うことを心がけて。

また、水温が低いと、肌の血行も悪くなるので、血行不良や冷えの原因に。

冷たい水で洗顔すると、肌が引き締まったような感覚を味わえますが、デメリットだらけなので、控えましょう!

 

適温は38度前後

ひねくれ美容_洗顔_シャワー_肌荒れ

熱いお湯も、冷たい水も洗顔には不向きなのです。

ぱおちゃん
だからこそ、38度前後が絶対オススメ!

人肌よりも、少し温かいくらいが目安。
肌を傷めないで、メイクや皮脂汚れなどを落とすには、最適な温度。
肌もつっぱらず、キレイな美肌をキープすることができます♡

また、シャワーの水圧が強すぎると、これもまた乾燥肌を招く原因になりますので、マイルドな水あたりを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です