前略プロフ、mixi知っている?SNSの流行り廃れに、若者はいつも右往左往。

ひねくれ美容_ブログ作成メモ_ワードプレス_SNS_インスタ

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

「前略プロフ」、
知っている?

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

ブログと連動して、twitterやFacebookを活用している人も多いのではないでしょうか。
その事実と重要性に最近気づき、急遽、友達SEを召喚。

近年のSNS動向について、レクチャーしてもらいました!

 

SNSの流行り廃れ

友達SE
ぱおちゃん。僕、意外と土日返上して、ぱおちゃんにつきっきりだよね
ぱおちゃん
ふふふ。
だって、WEBが分からないんだもん(涙)
友達SE
やれやれ。
ぱおちゃんは、分からないといいつつも、知らず知らずの内に常に新しいSNSを使っていると思うよ。
「前略プロフィール」って、知っているでしょ

今の20代、30代女性が使っていたSNS「前略プロフィール」。
知らない方も多いかもしれませんが、かつてはスマートフォンがない時代にガラケーで愛用されていました。
2007年には、会員数が445万人以上も利用。
以前は、中学生・高校生を中心に利用されていましたが、今年の2016年9月にサービスが終了します。

時代は、刻一刻と変化します。
前略プロフィールは、最先端の自己表現ツールでした。
インターネット業界が発展していくとともに、

前略プロフィール→miXI(ミクシィ)→Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)→Instagram(インスタグラム)、LINE(ライン)

と、流れていきます。

ぱおちゃん
なんと・・・!私も、知らず知らずのうちに、この流行通りに、SNSを使っていた
友達SE
そうでしょ
マクロミルが実施した「2016 新成人に関する調査(2016年1月7日調査)」では、若者のmixiの利用率は、全体の約10%以下だということが分かりました。
LINEは、リリース当初の2013年から、利用者がうなぎのぼり。
ですが、全体的にどのSNSも2015年をきっかけに、利用者が減少している傾向にあります。

友達SE
これは若者のSNS疲れが進んでいるね。SNSを利用している全体の53%が「面倒」だと感じているんだよ

 

SNS疲れ

SNS疲れというのはSNSがもたらす精神的、肉体的な疲れのことであります。
SNSがもたらすいじめや、SNS上だけの交友関係などがこれに該当します。

一番の理由は、他人の「リア充」投稿にうんざりしてしまうというのが一番の理由でした。

友達SE
逆に、リア充と友達に思われたい人が多く、たくさんの「いいね」がみんな欲しいみたい
ぱおちゃん
そうなんだー
私、自己満足で投稿しているだけで、結構満足

 

2016年の最近の主流はインスタグラム

Fuller, Inc.によると、2015年最も伸びたSNSは「Instagram」。
続いて、「pixiv(ピクシブ)」だと発表しています。
二つの共通点は、画像や写真をメインとしたサービスだということ。

とくに、Instagramは、2016年4月に1,000万人を突破。
勢いは凄まじく、2015年に比べると、LINEが20%増だったところ、Instagramは80%増えていています。

今やInstagramは、5人に1人が利用しているアプリケーション。
10代、20代の女性を中心に、必須のサービスになりつつあります。
インターネット検索などWEBの利用よりも、アプリケーションを愛用する方が増加の傾向に。

別の調査によると、日本でのスマートフォン利用者は、5,496万人に到達。
平均利用利用時間は、2時間11分ほどで、約20%がWEBを利用し、残りの約80%がアプリケーションを利用しています。

 

2017年に流行するアプリ

今後は、画像だけでなくSnapchat(スナップチャット)などの動画や、ニコニコ動画などのリアルタイムの動画がまずます伸びてくると推測されています。

Snapchat(スナップチャット)に関しては、利用者が1億5,000万人に達し、Twitterの利用者を抜いたとも言われています。

Facebookのザッカーバーグさんも今後、VRを利用した
SNSが中心になると言っていました。

 

ぱおちゃんのまとめ

ぱおちゃんが、SNSをはじめたきっかけって、流行に敏感な友達のお誘いがきっかけ。
当時は、mixiをやりこんでいて、FacebookもTwitterも、いやいや始めていました(結局はじめて、よかったです!)。

今までは、受け身でSNSを使っていましたが(プライベートのSNSは、あんまり更新していない)、積極的に活用することで、ひねくれ美容の活性に役立てたいと思います!

 

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です