女性は外見で判断される。肌がキレイなだけで女性が得する理由。

ひねくれ美容_見た目_キレイ_美人

人間は、中身が大事。
外見はもっと大事。

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

突然ですが、例えばあなたが、1億円のお家を買うことになりました。
どちらの営業マンからお家を買いたいですか?


ひねくれ美容_ぱおちゃん A:
髪型が整っていなく、シワシワの服を着ていて、話す声が小さい営業マン

ひねくれ美容_ぱおちゃん B:
パリッとしたシャツを着ていて、清潔感があるハキハキしゃべる営業マン

ぱおちゃんなら、Bの営業マンから買いたいです。

たびたび、外見(=見た目)よりも中身(=性格や知識)が重要という言葉を耳にします。

中身も、もちろん大切ですが、知識のアウトプットやコミュニケーションを取る前に、見られるのが外見。

見た目で「この人、頼りなさそうだな」「なんか信頼できないな」と判断された時点で、中身すら見られなくなります。

今回は、外見を磨くことの重要性をお伝えしたいです。

 

キレイでいることの必要性

ひねくれ美容_見た目_キレイ_美人_外見

ひねくれ美容を立ち上げるきっかけである、ぱおちゃんの好きな著書「女性の品格」に、こんな一節が記載されています。

「女性は美しないと軽んじられる」と旧前田侯爵家に生まれた酒井美意子さんが母上の教えとしてお書きになっていました。それを読んだ頃の私は、「外見よりも中身が重要」と信じていたので、ショックを受けた記憶があります。

美しくいることは、自らの武器になり、となります。
キレイな女性は、学校でも職場でも、はたまた初対面の人からも好印象。
大切に接しられ、また注目も浴びるため、堂々と行動することができます。

それを真摯に感じたのが、ぱおちゃんが太っていたとき。ぷよぷよ体型が原因で傷ついたこと、3つ。でもご紹介しましたが、外見を磨くことを怠っていると、周囲から軽く扱われたり、上から目線の態度で接せられます。

酷い扱いを受ける内に、自分への自信もなくなり、提案や主張にも耳を傾けて貰えなくなります。

そのため、自分自身の中身を知ってもらうためのきっかけづくり、つまりは、外見をキレイにすることが必要なのです。

 

キレイな見た目を構築する要素

ひねくれ美容_見た目_キレイ_美人_外見

キレイを心がけていると周りの人からこう考えられます。

「キレイ」とは、生まれつき顔が美人であることや、モデルのように細いことではありません。

美しい素肌清潔な髪を基本に、嫌味のない化粧、言葉遣いが整っていて、受け答えがきちんとできること。

その基本さえ抑えていくうちに、女性はだんだんと自信を身につけて、美しさにさらに磨きがかかります。

タレントやアイドルがいい例です。
デビューしたての頃は、街に歩いていそうなくらいどこにでもいるような女性(ごめんなさい)でしたが、数年経つと垢抜けて美人になった方はザラにいます。

多くの大人に会い、さまざな場数を踏む中で自分に自信を持つように。
また、他人から「見られている」という意識の中で成長しますから、自然と美しく育ちます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 肌と髪がキレイ・清潔でいること
ひねくれ美容_ぱおちゃん 姿勢が正しく、立ち振る舞いが美しいこと
ひねくれ美容_ぱおちゃん 言葉使い&受け応えがきちんとしていること

これらの3つを心がけると、素敵な女性になれます。
ですので、スキンケアを始めとした美容は、本当に大切。

 

外見も、立派な実力

ひねくれ美容_見た目_キレイ_美人_外見

キレイになると、メリットしかありません。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 初対面の印象がいい
ひねくれ美容_ぱおちゃん 覚えてもらいやすくなる
ひねくれ美容_ぱおちゃん 仕事で信頼されやすい
ひねくれ美容_ぱおちゃん 先輩に可愛がられる
ひねくれ美容_ぱおちゃん 後輩から尊敬される

自分の外見も武器であり、実力のうち。

キレイになった結果、もちろん異性からモテる、といったこともありますが、キレイでいる人を見ていると、ほとんどの人は「他人のため」ではなく「自分のため」に、キレイを保っている人が多いです。

日本では、女性の社会進出が増えたとはいえ、企業では、まだまだ男性が有利。

円滑に仕事コミュニケーション、事業を行うためにも、信頼を勝ち得る美しい外見が必需品です。

会話の中身や提案内容も大事ですが、肝心の伝え方は、肌や姿勢、立ち振る舞いなどの見た目に9割かかっています。

 

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です