徹夜、接待、会食・・・。スポンジ洗顔で、化粧したまま寝るのを死守。

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

SPONSORED LINK

エステティシャンの
洗顔技術、教えます

ひねくれ美容ライターぱおちゃんです(・ω・)

最近、接待や会食が多いです。朝4時とかフラフラになりながら帰ってくる日もあるのですが、お風呂に入らずに寝るにしても、絶対にメイクを落としてから寝るようにしています。

今回は、入浴せずに、洗面台で立ったままキレイにメイクオフができる方法をご紹介。どうしてもお風呂に入る体力がない、でも、化粧は絶対キレイに落としきりたい!というときに便利です。

エスティシャンの時に、使っていた施術方法の応用なので、ぜひ試してみてください。

 

立ったまま簡単スポンジ洗顔の方法

用意するものは、

ひねくれ美容_ぱおちゃん スポンジ 1〜2枚
ひねくれ美容_ぱおちゃん クレンジング
ひねくれ美容_ぱおちゃん 洗顔料
ひねくれ美容_ぱおちゃん ターバン

の4つです。
スポンジ洗顔は、下記の手順で行います。

ひねくれ美容_ぱおちゃん まず、ターバンをつけて髪の毛全体を束めます。顔にかからないように、髪が長い場合は、ゴムで止めましょう。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 手のひらにクレンジング料を取り、やさしく顔に滑らせます。くるくるくるくるーと指の腹を使い、やさしーく洗顔。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 両手を少し湿らせて、顔をパッティング。メイクが乳化したら、スポンジの出番です。
スポンジは、水に十分に湿らせてから、水が垂れない程度に絞ります。

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

ひねくれ美容_ぱおちゃん スポンジの持ち方は自由ですが、スポンジのキレイな面で顔を拭き取ります。
顔に触れるたび、スポンジはキレイな面を使用。表側を使い切ってしまったら、裏面を使います。

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

スポンジを細かく折ると、目の下のキワの部分やアイラインギリギリのメイクも簡単にオフできます。

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

ひねくれ美容_ぱおちゃん 顔全体のメイクを落とせたら、洗顔料を泡立てて顔を洗います。
たっぷりと泡を使い、洗い落とす前に、余分な泡はあらかじめ手で落としておきます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん スポンジを軽く水で洗って、もう一度、軽く顔をパッティング。スポンジでもう一回顔を拭きます。洗い落とせていない感じがしたら、さらにスポンジを洗い、顔も一度に水でしめらせてから、スポンジで顔全体を拭き取りましょう。

スポンジを使用すると水が垂れないので、立ったまま洗顔ができます。

 

美肌は、1日も妥協できない

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

メイクしたまま、うっかり寝てしまう・・・。化粧したまま寝ると、老け顔になる仕組み。でもご紹介しましたが、1日でもメイクを落とさずに化粧したまま寝ると、次の日から1週間くらいは肌のダメージがひどいです。

早く寝たいときに便利なのが、ダブル洗顔不要のクレンジング。
いまは、マナラ ホットクレンジングゲルを使っていますが、オススメ。
こってりと濃厚なテクスチャーは、美容成分が91.4%。まるで、今年流行のバームクレンジングのようにエレガントな使用感が特徴で、まるで美容液でメイクを落としているみたい。洗い上がりも、もちもちとしっとりするんです。

 

朝と夜の洗顔は、目的がそれぞれ違う

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

何気なく毎日洗顔していますが、朝と夜に洗顔する目的はそれぞれ違います。

朝は、眠っている間に、顔についたホコリや汗、皮脂を落として、顔を清潔にするために洗顔します。夜に比べると、軽めの洗顔でOK。

ぬるま湯で、これらの汚れは落ちるので、洗顔料を使わなくても構いません。

肌が弱い人や敏感肌、乾燥しやすい人は、洗顔料を使ってゴシゴシ洗顔すると、肌の潤いを保つための善玉菌を落としすぎることがあるので、ぬるま湯のお湯で洗うほうがいい場合も。

その時の水温は、熱すぎても冷たすぎても駄目です。熱すぎると肌が乾燥しやすくなり、冷たすぎる水は、かえって汚れが落ちなくなります。

36〜38度が適温です(身体を洗う時も、この温度が適温)。

夜の洗顔は、メイクや皮脂、ほこり、クレンジング料を落とすことが目的です。
洗顔料も形状が様々なので、メイクの濃さやテクスチャーの好み、成分配合料に合わせてチョイスします。

 

洗顔フォームがオススメ

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

洗顔料には、洗顔フォーム、石けん、液状洗顔料、洗顔パウダー、あらかじめ泡になっている洗顔料があります。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 洗顔料の種類

ひねくれ美容_ぱおちゃん 洗顔フォーム
もっともポピュラーな洗顔料。洗浄力は、弱いものから強いものなど、メーカーによってまちまち。泡立てネットで簡単に泡立てることができます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 石けん
紀元前3,000年頃から存在する洗顔料。昔ながらの製法と使用感で、石けん洗顔を支持する人も多い。洗顔後は、肌がつっぱりやすい。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 液状洗顔料
肌への負担が少なく、やさしい洗い心地が特徴。他の形状の洗顔料よりも、保湿力が高いです。液状、とはいっても、やはり泡立てネットで泡立てて洗顔するのがオススメ。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 洗顔パウダー
乾燥しているので、清潔。また、肌への刺激が控えめなのもうれしいポイント。乾燥しているパウダーを、少量の水に溶かして使用。泡立てネットでモコモコの泡を立てて。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 泡(ポンプフォーマー)
特殊な容器と、液状の洗顔料がセットに。ポンプすると、液体と空気が混ざり合い、泡立てネットを使わなくても、もっこりとした泡が完成。

肌が弱くない人であれば、洗顔フォームでの洗顔がオススメ。製品の種類も、もっとも豊富なので好みの洗顔料が見つかりやすいと思います。
乾燥肌、敏感肌の人は、石けんや洗顔パウダー、液状洗顔料を。石けんを使用する場合は、使い終わったらよく乾燥して保存しましょう。

 

モッコモコの泡を意識して

ひねくれ美容_スポンジ_洗顔_化粧したまま寝る

洗顔料選びも大切ですが、キメの細かい泡を作るのも重要。

どんなにいい洗顔料をチョイスしても、泡立ちが悪いと、気泡が潰れて、肌のキメに入らないため、汚れまで届かない状態に。せっかくの洗顔の行程も台なしです。

ダイソーの泡立てネットは、ベーシックな形で使いやすい。本当にどんな洗顔料でもモコモコになるから、ぜひ試してみて。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です