ジェルネイルのダメージで、指の爪が黄ばみ、割れる。セルフでマニキュアしている場合ではない。

ひねくれ美容_ネイル_自爪_黄色_緑_ジェルネイル

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

ジェルネイルで
爪が黄ばみました

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)ジェルネイルをやめて2ヶ月以上が過ぎようとしています。

3年していたジェルネイルをやめました。ジェルネイルもマニキュアもつけていない素の爪をまじまじみたら、若干黄ばんでいました(涙)




 

爪が黄色になった理由

ひねくれ美容_ネイル_自爪_黄色_緑_ジェルネイル

さらに爪をよくみると、下から5分の1は色が健康的。黄色になっている箇所は、明らかにジェルネイルをつけていた部分でした。

やはり、3年以上ジェルネイルをつけたダメージは大きい。ネイル用の美容液をつけていたら、こんな黄色に着色しなかったかも。先端も、もうところどころ割れている・・・(涙)。

ひねくれ美容_ぱおちゃん (1)長期間ジェルをつける

ジェルネイルは、爪の表面を削ったり、ジェルを硬化するためにUVライトを何度も何度も当てるため、爪に負担がかかります。

ダメージが与えられると、爪の水分が少なくなり、乾燥することで黄ばみます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん (2)タンパク質が不足している

爪の主成分であるケラチンは、タンパク質のひとつ。体内のタンパク質が不足すると、爪まで栄養が行き届かなくなり、薄い爪や折れやすい爪に。

タンパク質のほかにも、コラーゲンやビタミン類、鉄など栄養バランスの取れた食事で改善しましょう。

ひねくれ美容_ぱおちゃん (3)除光液の多用

マニキュアをオフするための除光液も、爪や周辺の皮にもダメージを与えます。

除光液に含まれるアセトンは、マニキュアを剥がすために含まれている成分。水に溶けないマニキュアを化学的に剥がし、爪の表面にある油分も取り去るので爪への負担も大。

除光液を使ったあとは、ネイル用の美容液で爪と周辺の皮を保湿する必要があります。アセトン自体の毒性は低いですが、人体に有害な有機化合物として指定されています。

健康な爪は、ツヤツヤしていてピンク色。日ごろの爪の保湿はやっぱりマストですね。




 

黄ばみではなく緑色のときは?

ひねくれ美容_ネイル_自爪_黄色_緑_ジェルネイル

「爪の色がおかしい。でも、黄色じゃないな」。そういうときは、爪が緑色になっているかもしれません。

緑色の爪は、爪がカビているサイン。またの名をグリーン(グリーンネイル)といい、カンジタ菌、または緑膿菌が感染しています。

グリーンネイルは、ジェルネイルをつけている方に多いです。ジェルが折れたり、浮いたりしている箇所を放置したまま入浴など日常生活を送っていると、爪とジェルの隙間に水が入り、ずっと湿っている状態に。

常に爪が濡れている状態は、菌が繁殖するには最高の環境。痛みはほとんどありませんが、触れると菌が健常な部位に感染します。

グリーンネイルにマニキュアの筆が触れると、筆にも菌が移るため、ネイルサロンではグリーンネイルの施術を断ることもあります。

もしも、グリーンネイルになった場合は、ジェルネイルやマニキュアの使用は控え、爪を清潔に保つことを心がけましょう。

自然治癒で緑色が消えないときは、皮膚科に
いくことをオススメします。




 

自然治癒+美容オイルで、黄ばみをケア

ひねくれ美容_ネイル_自爪_黄色_緑_ジェルネイル

ぱおちゃんの爪は少し黄ばんでしまいましたが、基本的には、自然と爪が生え変わるのを待ちます。ネイルケアには、バーバーのスクワラン。

バーバーのスクワランは、人間の皮脂に近い保湿成分で、高品質&高精製が特長。純度も99.9%で無添加。オイルなのにベタつかないもころもグッドです。

爪が健康的なピンク色になるまでは、しばしネイルは中止します〜。

 

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です