SEO対策。文字数とコンテンツ量は、検索エンジンの評価対象である。

ひねくれ美容_SEO_文字量_ページ数_関係_google

文字量とコンテンツ量は
SEOにとって重要

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・ )今回は久々に、ブログのお話です。

SEO初心者がまず理解すべき、ただ一つのこと。」で、コンテンツの質がSEOに影響すると友達SEから学びました。

だがしかし、コンテンツの量や文字数がSEOに関わってくるのか、分からない。分からないときは、友達SEに聞くしかない!

 

google検索エンジンと文字数の関係

<<以下、友達SE>>

ぱおちゃん
質がいいコンテンツが重要ってわかったけど、それって文字数やコンテンツの量も関係あるの?もう少し詳しく教えて(涙)
友達SE
ぱおちゃんは細かいね。結論からに言うと、文字量が多くて、情報量の多いコンテンツはSEOに強いんだ
友達SE
ただ、例外もあって文字が多いとSEOが強くなるんだけど、文字が少なくてもSEOが強い記事もあるんだよ

googleのJohn Mueller氏は、コンテンツの文字数について以下のようにいっています。

There’s no minimum length, and there’s no minimum number of articles a day
that you have to post,
nor even a minimum number of pages on a website.
In most cases, quality is better than quantity.
Our algorithms explicitly try to find and recommend websites that provide
content that’s of high quality,
unique, and compelling to users. Don’t fill your site with low-quality content,
instead work on making sure that your site is the absolute best of its kind.

これを日本語で簡単にまとめたものが下記です。

1ページの中で必要なページ数、文字量に決まりはありません。
ページ数や文字量よりも、質が重要。googleのアリゴリズムは、高品質でユニークであること、さらにはユーザーにとって魅力的なコンテンツを提供するウェブサイトを評価します。
質の高いサイトの作成に取り組み、質の低いサイトをつくるのは控えてください。
そのため、コンテンツのページ量と文字量は関係がないといわれています。

そこで、SEOの知見がある方は驚くはず。なぜならば、「コンテツの量と文字数が多いほうがSEOに強い」といった共通認識があるのです。

しかし、いくらgoogleのJohn Mueller氏が、コンテツ量とページ数がSEOに関係ないといくらいっても、ページ数と文字量が多いウェブサイトのほうが検索順位が上位にあがることが大半です。

今回のコンテンツ量と文字数を説明する前に、前回の記事「SEO初心者がまず理解すべき、ただ一つのこと。」や「SEOの内部対策10個を具体的にやってみる。」では、検索順位をあげるためには、以下の二つ

(1)googleの検索エンジンに評価してもらう
(2)一般ユーザーに評価してもらう

が大切であるとお伝えしましたが、この二つを、必ず忘れないでください。

ひねくれ美容_ぱおちゃん なんで文字数が多い方が強いの?

文章の質が本当によければ、文字数は関係ありませんといいましたが、文字数を少なくして莫大な情報を伝えることは難しいです。

そこで、重要になってくるのがロングテールSEOです。
ロングテールSEOとは、メインのキーワードを一つ決め、それに関係する様々なキーワードも用いてWEBサイトをヒットさせること。アクセス数の少ないキーワードを数多く積み重ね、アクセスを多く集める方法です。流入検索を増やすといったことです。

そして、記事内に何個の検索クエリをもっているかがポイント。

文章が長くなれなればなるほど、必然的に検索クエリの数が多くなります。検索クエリが多い=検索流入キーワードに引っかかりやすくなるということ。そうすることで、SEOが強くなるという仕組みです。

形態素解析をgoogleも採用

形態素解析

形態素解析とは、テキストデータをもとに文章を名詞や動詞などに分ける技術です。

上の形態素解析の結果を見ると分かりますが、意識していなかったキーワードも検索ワードになっています。

ロングテールSEOを意識すると、検索流入が増加。そうすることで、コンテンツの閲覧回数も自然と増えます。被リンクしてくれることもあれば、googleの評価もアップです!

 

では、コンテンツ量はどう関わるの?

ぱおちゃん
SEOと文字量は深い関わりがあることが分かったよ。
この流れで行くと、次はコンテンツ量の話だよね?
友達SE
そうだね。コンテンツ量もSEOに関係するからちゃんと聞いててね

関連性の強い記事を多くつくると、SEOの効果が高まりやすくなると言われています。

例えば美容など、特定の分野を一つ決めて選択。美容にまつわる記事を量産します。

(ここで注意したいのが、リンク階層。低い階層ほど、googleから評価されにくくなります。詳しくは、「SEO対策。ディレクトリとリンク階層、google評価が高いのは?」をチェック)

サイト全体の評価をあげるためにも、効率よくリンクが張ることも大事です。例えば、とあるネイルの記事Aが上位表示される場合、Aのページ内に、ネイルに関連性のある記事BやCを内部リンクすることで、BやCの記事も上位表示されやすくなります。

つまりは、サイト全体の評価が上がることにもつながります。

友達SE
コンテンツ量も文字量も大事なんだよ
友達SE
だいたい、コンテンツは100記事以上、記事内の文字数は2000字前後がベターだと言われている。この話は今度
ぱおちゃん
おっけい!ありがとう~。(まだ続きがあるんだね・・・汗)

<<以上、友達SEより>>

 

ぱおちゃんのまとめ

コンテンツの量も文字量もそんなに大事だったとは!ぱおちゃんは、職業柄2,000文字くらい書くのは全然平気。でも、文章を書くのが苦手な人は辛いだろうなあ。

でもやっぱりどんなに長く記事を書いても根本は「質」がないとgoogleに評価されないから、常に質にこだわり、一個一個丁寧にコンテンツの量を増やしていこうと思いました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です