20代に本当に必要な化粧品と見極め方。〜化粧水編〜

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

化粧水は、保湿の
ファーストステップ

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

本格的に暑くなり、日差しも、紫外線もますます強くなりました。

しかし、体内のケアも大事ですが、スキンケア化粧品を使用した体外からのお手入れも欠かせません。
20代は、比較的肌がキレイな時期ですし、肌トラブルがあってもわりとすぐに回復します。

そのため、日々のケアをおろそかにしがちですが、10年後、20年後も美肌をキープするためにも、20代の正しいスキンケア知識を知っておきましょう。

 

今回は、化粧水のお話

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

化粧品には、化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、アイクリームなど幅広くカテゴリ分けされていますが、日本人は特に化粧水が好きだと言われています。

化粧水をつけるタイミングとしては、大きく分けて朝と晩の2回なので、多くの人は1本または2本を使用。
2016年7月23日付けで、確認されている化粧水の数は15,958品。
私たちは、その中から厳選した1本または2本を愛用しています。

同じブランドの化粧水を10年間使い続ける人もいれば、化粧水を使い切るたびに違うブランドに挑戦する人もいます。
しかし、実際に肌に使う化粧水のブランドの数は、美容マニアでないかぎり一生のうち50ブランドもいかないでしょう。

 

20代の化粧水の選び方

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

20歳前半だと学生または社会人なりたて。
20歳後半ですと結婚して出産している人もいたり、社会人を続けている場合は責任感のある仕事を任される時期です。

特に、学生や社会人になりたての時期は、自由にお金を使える範囲も少ないです。
ファッションや交際費、旅費代…まつげエクステやネイル代。優先事項が美容以外にもありすぎて、自宅でできる化粧品代にお金をかけるのは、後回しになりがち。

化粧水も1本¥500〜¥数万とピンキリで、金額が高い化粧品=いい化粧品ではありませんが、自分にぴったりなスキンケア用品を見つけることが重要です。

 

化粧水を選ぶ前に20代の肌を知る

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

10代、20代の女性の肌は比較的キメが整っていてキレイ。

一見、水分を蓄えているようにみえるのですが、顔のテカリや毛穴の開き、ニキビ、化粧崩れ、化粧ノリが悪い、くすみ肌、目の下のクマが気になるところ。
これらは、肌の水分量と皮脂量を改善することで防ぐことができます。

スキンケアの基本は、保湿ケア

肌の潤いが不足すると、肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が肌表面にどんどん蓄積。
古い角質が蓄積されると、化粧ノリの悪さ、肌のくすみ、目の下のクマにつながります。
これらは、毎日のクレンジングと洗顔だけでは予防できませんので、1週間に1度のピーリングケアがオススメです。

過剰な洗顔が原因で、肌に必要な潤いや皮脂を取りすぎると、脳が肌の潤いを守ろうとして皮脂を余分に分泌するように命令します。
そのため、顔がテカリやすく、ニキビが増えたり、毛穴が開いたままの状態に。日中の化粧崩れも、余分に浮いてきた油が原因です。

20代だからこそ肌の潤いをしっかりとキープできる化粧品を選ぶことが大切です(保湿ケアと同じくらい、肌にダメージを与えないことが大切ですが、その話は次回)。

 

化粧水には大きく分けて3種類ある

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

洗顔のあとにスキンケア化粧品を塗布しないと、肌の水分がどんどん蒸発します。

入浴後20〜30分は、入浴前と比べると肌の潤いが約8割。何もつけないままだと、さらなる乾燥や、肌トラブルにつながるので化粧水をはじめとするスキンケア化粧品を塗布しましょう。

化粧水の主成分は、ほとんどが精製水、または保湿剤、アルコールなどの水溶性成分。そこに、小ジワや美白、ニキビなどに効く訴求成分(=美容成分)が数パーセント配合されています。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 化粧水の種類

ひねくれ美容_ぱおちゃん 化粧水
一般的な化粧水を指し、肌に潤いを与えます。
化粧水に含まれる保湿成分が、肌の角質に潤いを与えて皮膚を柔らかくし、水分のあるみずみずしい肌へと整えます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 収れん化粧水
角質を保湿しながら毛穴を引き締め、皮脂の分泌を防ぐ役割を担います。
アルコールの配合量が多く、さっぱりとした使用感が特徴。Tゾーンの部分使いにもオススメ。

ひねくれ美容_ぱおちゃん ふきとり化粧水
クレンジングした後に使用し、肌に残った油分や軽いメイク、余分な角層を取り除くために使用します。
メイクや汚れを取り除きやすいように界面活性剤も使用。保湿剤や油分も多く含みます。

化粧水の中には、馴染ませるとすぐにサラッとして、肌にスッとなじむテクスチャーもあります。
本当に浸透している場合もあれば、化粧水に含まれるアルコールが揮発している場合も。

テクスチャーの使用感は、「効いているような感覚」を演出する役割もあるので、本当に肌に浸透しているかしていないかは使い続けて肌のコンディションを見ないと分かりません。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 化粧水の塗り方

ひねくれ美容_ぱおちゃん 手で塗る
化粧水を手の平にだして、両手でやさしくパッティングするように重ねます。
この時、強い力でパチパチと音がでるようにして塗るのはNG。
頬に押し込むようにして100回パッティングするのを目指します。

そうすると、だんだんと手のひらの温度で化粧水が肌になじみ、頬と手のひらが吸いつくような感覚が生まれます。
それが、化粧水が肌の奥に入り込んだ証拠です。

ひねくれ美容_ぱおちゃん コットンで塗る
乾いたコットンがヒタヒタになる位、化粧水を染み込ませます。
十分な量の化粧水をコットンに染み込ませないと、コットンの繊維が肌を傷つける原因に。
肌への刺激が少なく、顔全体に均一に塗布できるのがメリットです。

メーカーによって、推奨のつけ方もありますが、基本的にはどちらの塗り方でもOK。
コットンを使用する分、はやく化粧水がなくなるので、しっかりと長く化粧水を使いたい方は、手でパッティングする塗り方をオススメします。

 

肌に合う化粧水とは?

ひねくれ美容_20代_化粧品_化粧水_ローション

好きなブランド、価格の安さ、テクスチャーの使用感、好みの香り…化粧水を選ぶ決めては様々ですが、下記の3つを特に重視してください。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 保湿力
ひねくれ美容_ぱおちゃん 肌に刺激がないこと
ひねくれ美容_ぱおちゃん 続けられる価格帯

高い化粧水をチビチビ使うと、化粧品が持っている本来の効果を引き出せません。
ずっと続けられる価格帯で、肌トラブルが起きない化粧水を選びます。
化粧水を継続して数日、肌トラブルが起こらない化粧水が肌に合っている目印です。

肌に塗った後に、ヒリヒリと刺激がある化粧水は肌に合っていない証拠。
継続的に使用して、肌が荒れる場合も化粧品を変えることをオススメします。

もちろん、化粧水を購入するのでは、自分で作ってしまうのも、アリ。
ですが、手作り化粧水は無添加な分、腐りやすいので取り扱いには注意です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です