無料スタンプは相変わらず人気。ラインスタンプが便利すぎて、考える力が失う件。

ひねくれ美容_LINE_ラインスタンプ

ラインは便利。
便利すぎるゆえ問題。

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

ラインが東証1部上場しました。
アプリのラインは、日本を中心に台湾やタイなど世界各国で普及。
中国で使用できなかったり、アメリカでの使用率は困難と問題は多々ありますが、アプリケーションのサービスとしては大成功です。

メールよりもラインのほうがメジャーでは?と、いうくらいここ3、4年で利用者は増加。
この前、雑誌の撮影に立ち会ったときも、編集さんが読者モデルと連絡を取る時は、ラインを使うほうが速くて便利、欠かせない。と豪語。
ラインの影響力は、プライベートだけではなく仕事の場でも絶大です。
便利なラインですが、いい面もあれば悪い面もありますよね。

 

画期的コミュニケーションツール


ひねくれ美容_ライン


ラインは、コミュニケーションのタイムラグを改善しました。
従来のメールは、送信してから相手が受信するまで5〜10秒ほどの待ち時間が生じます。
時間のストレスを解消したのがライン。お互い遠いところにいるけれども、本当に近くでコミュニケーションをしている感覚です。

さらに、ラインスタンプが注目され、ラインをさらに人気モノに。
はじめは、公式で出しているスタンプから始まり、やがて企業単位でスタンプを配信できることに。
いまでは会社に属していない、いち個人でもスタンプをラインに提供できその数は、2016年6月時点で「クリエイターズスタンプ」の販売数は約28万セット。

はじめは文字がないイラストだけのスタンプでしたが、スタンプの数が増えることにより、ニッチなスタンプが続出。
「ok」「yes」「お疲れさま」などの言葉も、自分で文字を打つことなく、スタンプを押せば伝わる時代に。ラインの長所は数えきれませんが、いいことばかりだけではない気がします。

 

ボキャブラリーと思考力が低下する

ひねくれ美容

最近、仕事でプレゼンテーションをして、ハッとしました。
言葉や単語が出てこない。
思い返せばプライベートなときに、コミュニケーションらしいコミュニケーションをしていないことに気づきます。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 問題点(1)
 コミュニケーションが取れているようで取れていない

ラインでのコミュニケーションは、タイムラグなく会話ができるのが特徴。
そのため、チャット(コンピュータ上での、リアルタイムな文字での会話)のように一文や単語での会話が、メールの時代に比べて気軽にできるようになりました。

コミュニケーションの主流が、短文同士のやり取りとなっているため、文章を組み立てる力が衰えます
ましてや、コンピュータやインターネットの普及により、漢字をうろ覚えになる人も増加。
人の名前、地名などの単語も覚えないため、「あれ」とか、「なんとか」と表現する若者も多いそう。


ひねくれ美容_ライン


さらに、スタンプの種類が豊富になり、私たちはスタンプのみを使って、会話すること多いです。
スタンプ同士の会話は、表面上ばかりの話しかできず、深い話はできません。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 問題点(2)
 言葉のアウトプットの場が減少

例え、ライン上でコミュニケーションがギリギリ成立していても、リアルなやり取りの場とのテンションの違いにびっくりする人も多いそう。
ラインでのやり取りはテンションが高いのに、実際に会って話してみると、会話が続かないようになることもしばしば。
日頃から長文や、主語・述語を意識した文章を使うことがなくなるので、言葉を交わすコミュニケーション方法は苦手なようです。


ひねくれ美容_ライン


もしかしたらライン上でも、コミュニケーションを取れているようで、実は取れていなかったのかもしれません。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 問題点(3)
 思考&咀嚼しなくなる

レスポンス重視のやり取りはスタンプや短文を連打しがち。
ラインでのスピーディーな会話は、私たちに咀嚼の時間を与えません。

そして、スタンプを使っての会話は思考力を鈍くさせる要因に。
ラインスタンプを使用するということは、「あらかじめ用意された回答方法をただ選ぶ」だけの作業。
短文や単語を送信する返答方法のほうが、よっぽど頭を使っている作業です。


ひねくれ美容_ライン


 

それでも便利なので辞められない

ひねくれ美容

ラインは本当に画期的で便利。

ぱおちゃんの周りにいる人の10人に9人は使用していますので、本当に欠かせないコミュニケーションツールです。

素早いやり取り、表現豊かなスタンプ。
長所は、これからも活用していきたいですが、ラインに用意された答えばかりを選択肢すると、言葉が思い浮かばない人になります

そうするとアイデアも思い浮かばないですし、物書きを職にするなら注意していきたいと思いました。

 

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です