ぷよぷよ体型が原因で傷ついたこと、3つ。

ひねくれ美容_太っている_傷つく

SPONSORED LINK

ぷよぷよ体型は、
気持がナイーブ

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

いまでこそ痩せることができましたが、体重が6●キロあったときは、数々の屈辱&自己嫌悪に陥りました。

今回、中でもワースト3の出来事をお届けします。

 

(1)酔っ払いに、「足、ふとっ」

ひねくれ美容_ぷよぷよ_ダイエット_傷つく

体重がオーバー気味だと着ることができる服に限度がある。中でもお気に入りのデニムのスカートを履いての深夜の帰り道。缶チュー持ってるおじさんに、

「足、ふとっ!!!」

と言われる。見ず知らずの赤の他人だからこそ放てる素直な言葉。ぽっちゃりという現実を改められて突きつけられつつ、まじ夢であると願いたかった。とりあえず、周りに人も大勢いたので、なお恥ずかしい。

(2)「女子プロレスラーみたい」と恩師に言われる

ひねくれ美容_ぷよぷよ_ダイエット_傷つく

中学校を卒業し、しばらくしてから恩師に会いにいった。一周り、二周りも大きくなった私の体型に驚いたようで、会った時の第一声が、

「女子プロレスみたいだね~~」

と、一言。超笑顔で言うし、おじいちゃん先生だから悪気はないんだろうけど、それ、先生が担任の時に言ってたら友達にいじめられる奴ですからね。

(3)男性からの視線が全部、胸!

ひねくれ美容_ぷよぷよ_ダイエット_傷つく

男性の視線って、どこを見ているか案外分かるもの。体重が増加するにつれ、胸にも脂肪がつくのだけれども、ふとっているからこそ大きい胸がコンプレックスな女性も多い。胸への視線を感じるたび、自己嫌悪。なんだか、ぷちセクハラを受けている気分になる。

賛否両論あるが、女性のベストなバストはBかCだと思っている。大きすぎる胸は肩がゴリゴリに凝るし、シャツのボタンがパツパツに。鞄を斜めにかけると、胸が余計に目立つのも嫌だ。

他人からの悪意ない一言が傷跡に

ひねくれ美容_ぷよぷよ_ダイエット_傷つく

この3つの出来事には、1つの共通点がある。不快な思いをするときは、いつも男性が原因。

男性は遠回しの表現が苦手であるし、端的に物事を言うことを好む。一方で、女性は、気遣い&心配りに優れる人が多いうえ、ネガティブなこともオブラートに包んで話す特技を併せ持つ。

何気ない一言が誰かを傷つけるかもしれない。ふとっているときは、なおさら傷つきやすいのです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です