メイクしたまま、うっかり寝てしまう・・・。化粧したまま寝ると、老け顔になる仕組み。

ひねくれ美容_メイク_落とさない_寝落ち

商品力の強い化粧品が
ますます売れる

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

スキンケア用品もメイク用品も、最近では美容成分がたくさん配合されているものが多いです。

肌への負担が軽く、肌をキレイに導く化粧品が飽和していて、以前は「成分の半分が美容成分!」と広告を打っていたら売れていたところ、最近では売れなくなっていたり。
インターネットで調べてから購入できるようになって、商品力がますます問われています

ローションを自作している方へ読んでほしい。手作り化粧水が腐る理由。でも述べましたが、化粧品は主に3つの成分で、構成。

その話を踏まえつつ、今回は市場で発売されているメイク落とし(クレンジング)についてご紹介します。

 

メイクを落とさないと老ける、は本当

ひねくれ美容_メイク_落とさない_寝落ち

「メイクを落とさないで眠ると10年は肌が老ける」という話を聞いたことがありますか?

清潔な肌でメイクした顔も、夜にはメイクが崩れてドロドロに。
排気ガスやほこり、汗、皮脂などが混ざりあっているのが原因です。

肌が汚れている状態を放置していると、雑菌がますます繁殖して肌に刺激とダメージを与えます。
そのため、メイクをしたら、その日中に落とすことが大切です。

メイクはクレンジングに含まれている油性成分を利用して、汚れを浮かせます。
すぐに、水で洗い落とすのではなく、濡れた手で軽く顔をプッシュ。
クレンジング部分がわずかに白濁したら、汚れが浮きあがった証拠なので、水ですすいで洗い落としましょう。

油分と水分は、本来混ざらないものですが、クレンジグに含まれている界面活性剤が二つをなじみやすくしています。
界面活性剤は、皮膚への刺激が僅かに強いものからとても弱いものまであります(洗浄力の強さも比例)。

 

流行よりも、自身の肌に合ったものを選択して

ひねくれ美容_メイク_落とさない_寝落ち

クレンジングは、メイクを落とすことを目的としていますが、肌に潤いを与える成分NMF(天然保湿因子)も一緒に落としていることもあります。
メイクの濃さと肌の状態に合わせて、クレンジングを選ぶことが美肌のためには重要です。

ひねくれ美容_ぱおちゃん クレンジングの種類

ひねくれ美容_ぱおちゃん 水系のクレンジングジェル
油性成分が少なく、界面活性剤を多く配合。洗浄力は弱い。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 油系のクレンジングジェル
オイルをジェル状にしたもので、クレンジング力は普通から強いものまである。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 液状
クレンジング力は弱く、界面活性剤とアルコール、保湿成分の配合が多い。ふきとりシート等は、肌に摩擦ダメージを与える。

ひねくれ美容_ぱおちゃん オイル状
主成分は油性成分。クレンジング力は強い。

ひねくれ美容_ぱおちゃん クリーム状、バーム状
クレンジング力は普通。肌になじませると固形が液体状になることが多い。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 乳液状
クレンジングクリームよりは、油性成分が多い。クレンジング力は弱い。

 

クレンジングは毎日欠かさずに

ひねくれ美容_メイク_落とさない_寝落ち

ぱおちゃんもたまに疲れMAXで帰宅するけど、メイクだけは落としています(深夜に帰ったときに便利な、スポンジ洗顔を見る)。

そのときは、洗顔不要のクレンジングがとても便利。洗顔するステップが不要になるので、肌への摩擦負担が軽減されます。
本当に、うっかりメイクを落とさないで眠ったら、次の日はニキビが大量発生で大変なことになります(;ω;)

メイクしてない日も、皮脂や汚れが顔に付着しているので、肌への負担がとてもクレンジングを使用し、軽くクレンジングするのがオススメです。

 

スポンサーリンク

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です