閉店のお知らせもなく、エステサロンが突然閉業。〜中途解約の計算方法編〜

ひねくれ美容_エステ_解約_計算式

コース解約の
計算式伝授します

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

前回閉店のお知らせもなく、エステサロンが突然閉業。〜倒産の前兆気づかなかった編〜を書きましたが、今回は「エステサロンにいったら閉店していたシリーズ。」の第2弾。
すべて実話です。

今回はエステの解約金の計算式までご紹介します。
エステに通っている人、ご活用くださいね。

 

エステサロン閉店で想定できること

ひねくれ美容_エステ_解約_計算式

「お店が閉まっていた」、衝撃的な1話からの続きです。

すっぴんのまま1時間かけてエステサロンにいったらまさか閉店していました。
滞在時間はわずか5分くらい。
漫画みたいな出来事が起こっていると思いました。

とりあえず、いろいろ考えました。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 本当に閉店していまったパターン
ひねくれ美容_ぱおちゃん 定休日だったのを私だけがしらなかったパターン
ひねくれ美容_ぱおちゃん スタッフが倒れてしまったので、急遽お店を閉めたパターン
ひねくれ美容_ぱおちゃん 強盗が立てこもっているパターン
ひねくれ美容_ぱおちゃん エステサロンが心中パターン

いろいろシミュレーションしたが、1番考えられそうな閉店だけは信じたくなかったです。
もともと日曜日定休だったところ、先月お店にいったら、「毎日営業することになりました」と言われたから。
エステサロンを信じていました。

 

エステの解約。計算方法と計算式

ひねくれ美容_エステ_解約_計算式

お店が閉店して連絡が取れなくなりました。

ぱおちゃん
ん?そうするとコース未消化分のお金ってどうなるの?

ザッと暗算しました。

ひねくれ美容_ぱおちゃん 痩身コースが残り5回。
ひねくれ美容_ぱおちゃん 全身脱毛コースが残り3回。
ひねくれ美容_ぱおちゃん 顔脱毛コースが残り11回。

金額的には10万円くらい未消化。
もちろんすべてお支払い済み。

ここで、エステティシャンだったときのことを思い出しました。
エステのコースを契約して、解約するときには2パターンありました。

ひねくれ美容_ぱおちゃん コースの中途解約

  1. コースを契約して8日以内だとクーリングオフができて、全額返済される
  2. 8日以上過ぎての解約は、解約金(未消化分の10%)を支払えば解約できる。また、その上限額も2万円である。ただし、サービスの有効期間のみに限る。

今回の場合は、「2」に該当するので、計算式はこんな感じです↓

<契約内容>

ひねくれ美容_ぱおちゃん 痩身、全身、顔脱毛の契約金額:¥30万
ひねくれ美容_ぱおちゃん サービスを受けた金額:¥20万
ひねくれ美容_ぱおちゃん 未消化金額:¥10万
ひねくれ美容_ぱおちゃん 解約金の手数料:(¥30万-¥20万)×10%=¥1万円

ひねくれ美容_ぱおちゃん エステ解約の計算式

返済金額=未消化金額-(コース契約金額-消化済み金額)×10%
※コースの契約金をすべて支払った場合。

公式に当てはめると、

¥9万=¥10万-(¥30万-¥20万)×10%

ぱおちゃん
ぎゃっっ!!¥9万も!!!

(ちなみに、サービスの有効期間が切れた場合、エステサロンはお客様に未消化分を返済する義務がありませんので、サービスの有効期間内であるかがとても重要。

少し脱線しますが、大手サロンはシステムや規則がしっかりしているので有効期限が過ぎた場合はコースのサービスを受けられない可能性がありますが、良心的な個人エステサロンであれば、有効期間が過ぎも施術をしてくれるところもあります。
ですが、今回のようにエステサロン経営が苦しく、騙されるパターンも)

 

エステサロンと連絡が取れない。次の行動は

ひねくれ美容_エステ_解約_計算式

エステティシャンだったといえば、通っていたエステサロンが閉店して音信不通だったパターンは初めてだったので、とりあえず、

エステ 閉店 解約金」で検索。

ヤフーの知恵袋で同じ質問をしている人が、何人もいた。
どれどれ(・ω・`)

 

人気の関連記事

シェアしてキレイを有言実行!

ひねくれ美容_ぱおちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です