VIOは自己処理できないからハイジーナ脱毛が必須。メリットは、ニオイの改善。

ひねくれ美容_ハイジニーナ_ハイジ_脱毛

SPONSORED LINK

ぱおちゃん
外見コンプレックスでひねくれて、美容とダイエットを好きになったぱおちゃんです。 最近旦那さんに大事にされていない気がします(涙) もっとキレイになって、もっと痩せて誰からも愛されるようになりたいのです。

ハイジニーナを
何百人もみました

ひねくれ美容ライターのぱおちゃんです(・ω・)

ぱおちゃんがエステティシャンだったころは、脱毛と痩身(ボディトリートメント)を担当していました。

今でも、女性の身体をみただけで、全身脱毛をしているか、していなか、見極めることができます(当時は、光脱毛が主流で、身体全体を脱毛するとなると5時間くらいかかります。
しかし、最新の脱毛器だと1時間ちょっとで脱毛が完了するから感動!)。

全身脱毛というと、顔のうぶ毛から、足の爪先までを指します。
Vライン、Oライン、Iラインのことをハイジニーナといい、その部位も欠かさずケアします

ハイジニーナの脱毛が、これまた痛い。
「あんまりいたくないですよ~」と、私も含めエステのお姉さんはいっていましたが、初回から4、5回目は光が当たるたび、本当に痛い
6回目以降は毛量が少なくなるので痛みが少なくなります。
でも、最キレイになるのに我慢は必要です!

ハイジニーナをお手入れするときに決めていただきたいのが、Vラインの形
全部剃毛してツルツルにしたり、海苔のように四角状に整えたり、角を丸く整えると人によってさ様々です。
海外女性は全剃りの文化が根強いですが、日本人の場合は、小さい四角状が人気。温泉や銭湯の際、他人から見られても恥ずかしくないように毛を残します。
小さな四角状や丸状の形にする場合でも、毛量が多い場合は始めの1~3回は全剃りしてから光を照射。
4回目以降は形を整えて理想のVラインを作ります。

 

ほとんどの女性は、臭う

ひねくれ美容_ハイジニーナ_ハイジ_脱毛

数百人の女性の裸体を見てきたので、手入れが施されているしっとり肌もみてきましたし、紫外線でダメージに当たったヒリヒリと痛そうな肌も見てきました。それに比例して、本当に数多くのハイジニーナを施術。

Vラインまではお客様自身でお手入れできても、際どいIラインや背面を向いているOラインの毛を剃るのはエステティシャンの役目。
ハイジニーナにこんなに顔を近づけることは、普段滅多にないので気づきませんでしたが、ここだけの話、あそこのニオイが気になるお客様もいました

ニオイの原因は、雑菌の繁殖です

ハイジニーナは毎日清潔に洗っても、どうしても蒸れる箇所
時間が経過すると、汗やおりものが出たり、また生理の血が雑菌の栄養の元となっています。
だからといって、ゴシゴシ洗うのは禁物。肌の表面上には、善玉菌と悪玉菌が存在しますが、善玉菌まで洗い落とし過ぎる可能性があるからです。




 

ハイジニーナの形とニオイは整えるべき!

ひねくれ美容_ハイジニーナ_ハイジ_脱毛

エステティシャンになるまでは、「脱毛なんて高いし、いらないでしょ」と思っていましたが、身体の脱毛は本当に損がありません
痩身と違って、脱毛は必ず結果がでるものだから。肌も絶対キレイになりますし、毛を剃ったり、抜いたりしなくていいので肌が荒れません

それでも、「全身脱毛は、お金が高いわ」と、思った方は、まずはハイジニーナの脱毛を始めることからオススメします。蒸れの軽減にもなりますし、生理時の痒みも改善されます。
よく、「恥ずかしいから」と、お言葉をいただきましたが、悪い意味ではないですがエステティシャンとお客様は見ず知らずの関係。
エステティシャンもプロなので、本当に何百人、何千人と女性の裸を見ています。
プロフェッシャルなので、始めて接客するお客様の裸をみても正直何も思いません。

脱毛は、1~2年ほどで完了すると言われています。
それも2ヵ月に1度のペースですし、1回のお手入れもハイジニーナであれば15分くらい十分。
数回脱毛に通うだけで、毎日を快適に過ごせるので本当におススメです。

 

人気の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です